上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて花組『落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!』観劇。
最近、好みの人材がいないせいか花組を面白く感じられなくて、そんなに期待しないでの観劇だったんですが、芝居・ショー共に仲々楽しめました。今日はVISA貸切だったんでVISAアドリブ多発。うーん…、偶にならこういうのもいいかも。あとパンフに扮装や年表なんかのお遊びが多少入ってて、こういう企画は購買意欲に繋がるからドンドンやればいいと思った。
以下芝居の感想。終盤が余りにご都合主義的な解決方法な気がして、何となく座りが悪い感覚があるんだけど、全体的にはうまく纏まっていたと思う。二つの時代の二つの愛をきちんと収めていたし、主要な役の色づけもしっかりしてたと思うので。でも吹く風の演出は意味あったのかなぁ…(非効果的)。真飛ロドリーゴはいい人なのに気の毒…(役柄が)。まとぶんは組替後初の本公演の為かやや堅さは見えるのだけど、今後解れていけば貴重な戦力だよね…と思わせる。春野ヴィットリオはこれ迄のおかしな役作りが抜けてサラッとした好青年で好印象。おさの持ち味の一つはこの爽やかっぷりだと思うから、何となく本筋に戻ったようで嬉しい。ふづきアンリエッタは退団者の輝きなのかキラキラしまくってた。ふーサマを初めて魅力的だと思った瞬間。遠野ジュディッタは役柄故かも知れないけど品性が感じられて大層良かった。今迄観たあすかの役の中で一番良かったと思う。桜乃マチルダはラントム死亡後、ネックレスを渡す見せ場が良かった気がする。野々ヴィットリオは随所で可愛いんだけど絶叫する所が煩め。萬さんは胡散臭い爺が似合うなぁ…。
次はショー。幕開きに娘役が出てないってどういうコトかね。華やかさが無いじゃん。エイサーの場面でいないモモさんをつい探してしまう。でもなんであの場面が再演なんだろう…(多少は盛り上がるけど)。上善如水といえば日本酒だろう…と思いつつ、最近「LOVERS」のサントラを聴き捲ってただけに吃驚した。でもおさの声質とあの曲は相性が良くて幻想的な場面になっていたし、歌い方のせいか日本語にも異国語にも聞こえて逆に心地好かった。ただ白布や衣装の使い方がワダエミ的色彩を模倣してるのかと思えて不思議だった。真飛、蘭寿、愛音の女装三人組は予想外にラントムが一番綺麗。ラントムと言えば彼女の濃いキャラは苦手だけど、彼女の健康的な歌声は好きだなぁ…と服部良一メドレーを聴いて思う。つーか何で今時期に服部良一をクローズアップしているのかな。内容とは関係ないけどカンカン娘の娘役オンリー場面で手拍子が起きるのは花組ファンの良さかも知れないと思った。大階段で三味線燕尾踊りってのは面白いけど、合ってるのかどうかは今イチ微妙な所。でも絵的には大変格好良かった。ふーサマは最後の最後なのにデュエダンをしないの?それはどうかと思うよ。華城季帆嬢のエトワールは大変綺麗。つーか次のあすかもそうだけど、娘役の歌の持ち時間が長いよね。何で娘役天国みたいなコトになってるのかな(→ただの着替えの関係?)。
2006.01.28 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/269-e8a7f069
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。