上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて星組『ベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編』観劇。
え…と、全国ツアーのベルばらで宝塚版ベルばらに対する期待は一切消えてました(←期待してた方が悪いんだけど)。いや、本当にスッパリとね。でもそれ故なのか、却って今回の星組公演は歴代一楽しめたような気がする。バスティーユを飛ばしたように見せ掛けるフェイントにもまんまと騙されたし。それと幕開き場面は客席が本当に盛り上がるのね。華やかで甘ったるいんだけど、あの豪勢さは宝塚として必要不可欠な物なんだね…(でもトナミの鬘船はおかしい)。あと部分的に場面が増えてるっぽいんだけど、王妃を嬲る場面は不要だと思う。王妃の哀れさを出す為だろうけど、革命派にも王妃にも救いのない科白の応酬だし、何より女性を殴るなよ(#゚Д゚) ゴルァ!!…と少し気分が悪くなった。序でに今日が総見だなんて知らなんだよ…(;゚д゚) 。フィナーレでわたるさんが二階席に向かって投げキスやらウィンクやらしてたな…。ま、いいんだけど。
全ツと似た感想になりそうと前置きしつつ、以下役者の感想。先ず白羽アントワネットの素晴らしさを語ろう。私の大好きな声は健在ではあるのだけれど、声自体はヘナヘナしてなくて(←驚いた)魅力倍増。ベルばら特有の大仰な科白回しも完璧で、子等への慈愛もあり、凛として、最後の決然した姿は惚れ惚れです。大きさを活かして衣装を着こなしていたしデカイ鬘にも負けてない。うむ…これがトップ娘役の輝きなのかね…と思う位に素敵だったよ。…とベタ褒めしつつもこれがパーフェクトであるとも思ってないんだけど。何が足りないのだろうね…(>結論ナシ)。そんで意外だったのが瞳子オスカルの女性らしい役作り。微妙に声も高い。何だか押したら倒れそう(押し倒したいワケじゃない)。弱そうなのか強そうなのか分からない所が魅力なのかも。そして立樹アンドレが.。゚+.(・∀・)゚+.゚カコイイ!!。香寿氏を彷彿とさせる濃ゆい素敵な男役に育ってきて嬉しい(・∀・)ゾ。綺華アランは美形。モモさんは幕開きの白鬘が似合ってしまう程にどの場面でも美しいんだけど、バスティーユの庶民役が一番似合ってた気がする(←特に斧が)。
以下は不思議だった箇所。( ゚д゚)ポカーン1:フェルゼンの馬車乗りアホ映像が進化している!?。( ゚д゚)ポカーン2:ナゼ涼さんがデュエダンを踊るの!?次の瞳子さんじゃ駄目な事情があるの? ( ゚д゚)ポカーン3:ナゼ出雲さんがエトワールなの!?…確かに歌声を聴くと圧倒されてエトワールはこうあるべきだとさえ思う。でも最後まで納得しがたい、だって専科じゃん。( ゚д゚)ポカーン4:パレードで百花さんが銀橋に乗ってなかった!!うわぁ…どんだけ専科に頼ってんだろう。
2006.02.26 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/275-5a2755a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。