上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京芸術劇場にて月組『THE LAST PARTY』観劇。
芸劇中ホールは初めてです(小ばっか)。一見古風な劇場なんだけど、意外と観易い作りになってて結構気に入りました(でも次の機会が思い浮かばない)。
そんで下調べなしで行ったら五峰亜季さんが出てて吃驚したです。はい、完全にファン失格中です。タニ君のだけかと思い込んでたんで微妙に得した気分でした(つーか同じ演目をするコト自体知らなかったですよ…('A`|||))。うーん、久し振りに彼女の舞台姿を観られただけでも今回観に行った価値はあったなぁ…。
そんでフィッツジェラルドの半生を描いた本作ですが、途中眠い。もどかしさやら葛藤やらがテーマ(←勝手な解釈)みたいなもんだから致し方ないと言えばないのだけど。登場人物に感情移入といかないまでも好感を持てるだけで感想は随分違うと思うけど、今回は全く好感持てなくてね(脚本というか素材の問題)。でも最終的に印象が悪くないのは作り手の力量なのかな…と思ったりもする。何度か観ると深みが増すのかも知れないし、個人的な好みは抜きにして考えると、バウ規模だからこそ出来る味のある舞台だったとは思う。あと大和バージョンや初演と見比べると更に面白いのかも。
以下出演者の感想。先ずは久々感たっぷりの五峰シーラ。冒頭と最後にしか出ないけど印象に残る。包容力ある大人の女性。対外的に見る彼女のイメージそのままな役だけに、逆にどうなのかなぁ…と少し不安を抱いたんだけど、最後まで懐深い良い女で決めてましたよ。つーか演技するマユミさんを観て酷く懐かしく思った(ICARUS辺りが浮かんだ)。あとカーテンコールで踊ってる時はかなり楽しそうだった。彼女の本領はコレなのだと思うよ、本当に(→ショーに出してあげればいいのに←専科じゃ無理?)。涼城スコッティは自慢の娘で小さいのしっかり者。愛らしい雰囲気が出てた。青葉ローラは容姿が売りじゃない秘書。ダサイけど頼りがいがあって仕事ができそう。儲け役だからもっと欲張っても良さそうだけど、研5(?)でココまで出来ればまぁいいのかな…。彩乃ゼルダは暗いなぁ…。前半派手好きで後半心の病…。その間には諸々の苦悩がある。キャラとして好きではないだけに後半の抑えた演技の方が好き。でもトップ娘役がこういうタイプの役を演じるコトは珍しいと思うから、彼女にとってはいいステップになったとは思うのだけど。北翔アーネストはワイルド且つ知的なヘミングウェイで好印象。嘉月絵理のマックスはサスガな引き締め役でした。


それと日付が全く前後しているけど、月組絡みなので書く。
月組組長の夏河ゆらさんが退団されるとのこと。組長が退団Σ(゚Д゚)ッ!…と少し驚いたのだけど、まぁそれもあることなのか。うーん、どんな事情があるのかは知らないけれど、残りの宝塚人生も楽しんで欲しいなぁ…と思います。
2006.03.25 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/285-7c8dbce2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。