新橋演舞場にて『滝沢演舞城』観劇。
今回は無事に観終わりました。前回の小火が微妙にトラウマなのか、ココで何か起きたら中止かなぁ…と不吉なコトが何度も頭を掠めました。滅多にないコトとはいえ、やっぱりあの公演中止は嫌だったみたい。
そんで開演アナウンスは森光子なワケですが唐突だと吃驚します。何にって、森さんとジャニーズ事務所の繋がりに。あと小澤征悦が来てた。大柄で存外格好良かった。帰り際に手振ってた。

この舞台、一言で言えば滝沢秀明のレベルの高い隠し芸大会という感じ。各所でフツーに凄いと思った。そんで生タッキーの感想は…、別にないなぁ…(格好良いけど)。ジャニーズに疎い私が良いと思った人は、関ジャニの大倉忠義君、バイオリンの後藤君、バトントワリングの誰か。あー、表面しか観てないコトがバレバレ。以下覚えている場面を書いてみる。「安鎮清姫」ではお化け屋敷が苦手な私は本気で怖くて笑ってしまったです。少年達が僧侶姿で清めの言葉を呟きながら客席を歩いたり、舞台上で数人の偽サダコが這い回り、大蛇に人が食われたり、フライングしたり、ってな感じで全体の中で一番面白かった。それから天井から吊り下がって飛ぶタッキー達は前方席で観たから体勢キツくてマジで首攣りそう。「滝の白糸」と「鞍馬山」でこれでもかってな位に水を使ってて、その金の掛けっぷりが楽しいです。マスクもマジックも素直に騙されたので素直に驚きましたよ。

そんで前回観られなかった、お目当ての優里さん。
二幕からの義経記に常磐御前役で二場面登場。1.幼子と涙の別れ。2.壇ノ浦で敵の矢に倒れ瀕死の所に義経が現れる。そんな感じ。年齢設定は高めで初老の女性。後半は落涙する程の熱演で、舞台を渋く手堅く締めていたと思う。常磐の無念と諦観が伝わってきたよ。うーん、私がベタ褒めするのも何だけど、いや、本当に思った以上に真摯な演技でね、星奈優里の底力を見た気がするよ(←ファンの贔屓目でないことを祈る)。あと化粧抑えめで(老女チックに)、髪は日本髪で床山さんに頼ってそうな程しっかりしてた。そんで細かいダメ出しをするなら手を綺麗にメイクしてくれたら良かったのに…と。いや、タッキーの頬にも触れるから一番目立つのですよ>手が。って、それだけなんだけど。
最後はフィナーレに再登場。なんと常磐のままダンス突入。あれでタッキーの『Venus』の振り踊ってるから面白い。本人も「なんで私こんな格好でこんな振りして踊ってんだろう…」みたいな中途半端な照れ顔のような半笑いのような表情してた。最後も全員白衣装に着替えてるのに、依然着物姿の星奈&叶コンビ…Σ(゚Д゚)。時間的に無理とは思うが、ゼヒ着替えさせてやってくれ…(と心の叫び)。

ま、そんな感じかな。そういや隣の人が踊ってた(→やや引いたらしい)。そして最後はスタオベになった。つーか、前の人が立ったら立たなきゃ見えないもんなぁ…と思いつつ私も立ちましたよ。でも普段経験できない面白い空間を観た気がして、これはこれで面白かったデス(と話を収める)。
2006.04.15 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/289-df7f159e