代々木公園野外ステージにて『Earth Day Tokyo 2006“ap bank dialogue'06 vol.2”』。
無料でSalyuのステージが観られるってんで、勇んで行ってきましたよ。…とは言え、朝方は気合い入らず開始直前に会場到着。カンパ金を払って(そりゃ払うさ)、変な缶バッチ貰って柵の中に入ってみる。地べたに体育座りして司会者の話を聞いた後、「ap bank dialogue」として小林武史、ハセベケン、GAKU-MCの各氏登場。小一時間程、各々の環境問題への取り組みを話してた。特に目新しい話は無かったけど、小林氏が「戦争する位ならサッカーやればいい」という話をして、「実際に内戦状態の所にサッカーボールを持っていくような団体もあるんだよね」とか言ってて、そりゃ大変良い話だねと思った。他は…覚えてるけどあんま書く気なし…。

01:風に乗る船
02:to U

その後、小林氏だけ残って、Salyu登場。ピンクと緑ベースのワンピ。髪は弄らずそのまんま。小林さんが岩井俊二監督との映画で見出した云々と簡単に紹介してすぐ歌へ。…の前に音合わせで軽く歌った(・∀・)ヤッタ!。私、Salyuが歌詞ナシ曲ナシで自由に歌ってるのを聴くのが大好きなのですよ。そんで曲目は上の通り。伴奏は小林さんのピアノ(と軽く効果入ってたかな)。屋外でSalyuの歌を聴くの初めてなのだけど、うわぁ…、すんごく良かったよ。Salyuの歌声が空に響いて拡がっていった。途中、鳥の囀りやら自然の音なんかと混じったりしてかなり不思議な感じ。でも逆にそれが新鮮だった。「to U」も良かったし、「風に乗る船」も本来のアコバージョンの方が断然響いてくる気がする。いやぁ、聴きに行って本当に良かったです。

夕方のSalyuライブまで時間があったので会場散策。会場入口で販売している生人参を歩きながら囓る人多数で不思議な光景。飲食店の食器をリユース制にしたりでゴミ総量を1/7に抑えてるのには素直に感心。でも特に何も買わなかったデス。更に時間が余ったので隣接するNHKの「スタジオパーク」に寄ってみる。\200払った割には微妙な内容で暇潰しになったんだかどうなのか…。次はスペイン坂の「BiOcafe」でベーグルを買う。モチモチ(゚Д゚)ウマー、ウメベーグル(゚Д゚)マズー。更に「髭鬚張魯肉飯」で魯肉飯を食べる。ニク(゚Д゚)ウマー。歩き回って疲れたんでコーヒー飲んで休憩。

そして六本木へ移動し、Salyuアコツアーファイナルです。
…今日は続く…。
2006.04.23 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/291-5b2b3155