上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ラフォーレミュージアム六本木にて『Salyu Acoustic Tour 2006“close to you”追加公演』。
遂にファイナルです。結局、関東圏制覇してしまいました。我が事ながらなんて贅沢な…というか追っ掛けちっくな…(いや、偶々なんだけど)。何よりギロッポンの会場が寒くて仕方なかったです。そして今日も座席がスピーカーの真ん前で音を体感した>身体にドンドン響いたよ…。

01:Peaty
02:Dialogue
03:光りの束
04:エロティック
05:飛べない翼
06:体温
07:landmark
08:Dramatic Irony
09:Something
10:VALON-1
11:彗星
12:Tower
E1:風に乗る船
E2:to U

横浜の時は上手くなったと書いたけど、それよりは安定性や完全性が増したと言った方が適切だったのかも知れない。だってSalyuは元々歌が下手なワケじゃないし(→一時期私の中だけで下手疑惑があったが)。今回のツアーで「光りの束」が少し好きになった。そして大切な曲と紹介した「体温」がどうして大切なのかを訊いてみたい(→口癖?)。何度も書くけど「landmark」は追い込まれるというか歌が迫ってくる。悪い意味じゃないけど強迫観念のようで、私はリリイよりも断然追い詰められる(→別に追い詰められて困るコトなんてないんだけどね)。「VALON-1」で今迄聴いた事のないアレンジを一瞬したのだけど、あれは滑ったのか、狙ったのか(タブン後者)。
最後の最後で小林武史氏が登場した。吉祥寺ライブを見たらしくSalyu達メンバーを大層褒めていた。そして「to U」でキーボードとコーラスでちょいサポート。やっぱり小林氏がいると全体的な幅が拡がる気がする。それは聴いてる側(私)の勝手な思い込みなのかも知れないけど。最後は全員で手を繋いで万歳して去っていった。

Salyuの様子。黒ワンピで和服を羽織って腰の後ろで縛ってた。斬新だ。髪は昼と一緒でそのまま。ユーリティバンドを右手に巻く。耳のピアスが時々光る。あと彼女の歌う時の癖なのか、段々と右側を向いていくのはなんでだろう。下手側に居る人は顔見られて嬉しいけど、上手側は寂しいよね。

六本木ライブ終了後は『完成度:横浜>六本木>吉祥寺、満足度:吉祥寺>横浜>六本木』とかって思ってたんだけど、後からぼんやり考えると、別にドコが一番良かったってコトも無いのかなぁ…と。夫々の会場で、夫々の歌声で…Salyuのステージを観られたコトが一応幸いであったと…そういう結論で。はい。
2006.04.23 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/292-3d3bdc1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。