東宝劇場にて『NEVER SAY GOODBYE』観劇。
無理かと思ってたけど、花總女帝を見送りに行けました。うー、長かったね。思えば宝塚の一時代…違うな、五時代位を作り続けてきた娘役だしね…、本当に感慨深いっすよ。それにしても花總さんほど長く見続けた割に、好きでも嫌いでもないジェンヌも珍しい。そんだけ過不足ない完璧な娘役だったってコトなのかも知れんね。結局、退団会見も単独公演も写真集もなく、最終的には和央ようかの相手役として去っていくという姿勢は彼女が残した数々のミステリのウチの最終形であるのかも。うむ、ある種、聖域的な彼女の存在がなくなるのは、ネタとしても大変寂しい。だけど、フィナーレのデュエットダンスの儚げな笑顔を見ると、きっとファンは何とも言えん切ない気持ちになるのだろうなぁ…と勝手に想像する。何だか分からない纏めだけど、一応、寂しいとは思ってるのかなぁ…(思ってないかも)。
そんで、また下調べをしてなくて、一本物だと知らなかった…。でも最終的に尻窄み的な感もあるから一幕終了でショー付けても良かったとも思うけど。あと外部に全面依頼した曲達は綺麗で耳残りする曲でした。それと歌える人に歌わせる姿勢は大変良いよね。若手もガンガン歌っていて、宙組のコトをもっと知りたくなった(そろそろいい加減覚えたい)。
出演者の話をするなら、市長の風莉じんとアギラールの遼河はるひの二人。あー、飛び抜けてたよ、この二人。風莉さんは初めて意識した人なのだけど、一見地味な風貌(←失礼だぞ(゚Д゚)ゴルァ!!)から発せられる声は大変説得力があって筋が通ってて伝える力がある。それ程出番が多い役でもないけど、相当印象に残った。遼河さんは思い込みの激しいサディステック党幹部を好演してて、役に対する理解力と吸収力がありそうな気がして今後が楽しみに思えた。彼女が二番手格としても全く遜色がないと密かに思う(タニ君ガンバレ)。上背がある=スター性があるとは言わないけど、確実に見栄えは良いしね。あと歌声も真っ直ぐ届いて気持ちいい。
フィナーレは十輝さんか七海さんか早霧さんの誰かが大層格好良かった(上にも書いたけど、宙組若手メンバーの見分けがつくようになりたい←気合いが足らんのだ)。それにしても、タニ君で背が低い宙組って…(略)。娘役のボンボンスカートが格好良かったのと、美風舞良を観ようと意気込んでたのに…(更に略)。

他にも思ったコトはあるような気もしつつ、思い出したら書こう…かな(書かない予感ヒシヒシ)。
2006.05.28 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/300-fd00b682