上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『トーマの心臓』観劇。
トーマ二回目です。当然のコトながら、役者が変わると舞台の印象も随分変わりますね。今日はトーマという少年の想いの重さを認識出来て、うーん、そりゃタイトルにもなるよねぇ…と一人納得してました。トーマ・ヴェルナーってのは本当に強い心を持った少年だね。

以下は役者の感想。本日はLebenチーム。
三上エーリクは正にル・ベベ、もしくはフロイラインという言葉が嵌る容姿。あのパーマ鬘が似合ってしまうなんて…(凄)。彼は少女漫画的儚さというか繊細さと芯の強さが見えて、本当に面白い素材だと思う。その二次元的資質のお陰でエーリクの心理が見え辛かったり、周囲から一瞬浮いてしまう部分も無きにしも非ずなのだけど、トーマのような世界を体現できる三上君は得難いなぁ…と思ったりした。うーん、例えば及川さんと二人芝居なんかしたら、不思議なスタジオライフ劇が出来るだろうなぁ…(怖いモノ見たさで観てみたい)。
奥田ユーリは神経質で硬質な感じかな…。南国の太陽のような笑顔は一切想像できないのだけど、ユーリの優等生気質は充分感じた。もう一歩踏み込んでいければ(それと髪型をピッチリ整えてくれれば)完璧に近いユーリ像になったとは思うけど、初ユーリだと思うと見方が甘くなったかなぁ…。あとフェンシングの時にフットワークが軽くて、手摺りを楽々乗り越えていて違う意味で感心した(そりゃプロのボクサーだしね…)。
曽世オスカーは大きな愛情で全体を優しく見守るバッカス的というか真面目なオスカー(その分、軽さは弱い)。校長が死に掛ける場面でオスカーのテーマ曲が流れた時、何か切ない気持ちになったなぁ…(それは曲が素晴らしいというコトか?)。あと髪型のパーマが完璧過ぎて驚きました。篠田バッカスはメガネ姿が鶴田さんを彷彿とさせた。小鶴田。大らかで朗らか…という感じではないけれど、インテリの上級生という雰囲気は出てたかも。林レドヴィのストーカーチックな怪しい動きは何なのだろう。レドヴィってあんなに不気味な存在だったかな…。あ、分かんない、そうなのかも。というか一人だけズバ抜けて演技が上手くて色んな意味で浮いていたような…。下井シャールは妙に空気を乾かせてしまう力があるのだけど、狙ってんのかな、いや、タブン彼の個性の為せる技なのかも…。岩崎サイフリートは美しい。あの服装を着こなせるなんて、貴重な人だ。身長のバランスかも知れないけど、サイフリートとユーリの力関係が一目で分かるし、ユーリが惹かれてしまった理由も分かる気がした。ただ科白が滑り気味でそこは残念。舟見シェリーは綺麗で可愛くて優しいママで、ユーリを心配して立ったり座ったりするソワソワする所なんかも可愛くてね、つい見惚れてしまいましたよ。一場面だけの登場だけどモノ凄く好印象でした。

劇中ほぼ唯一ライトが全開になるラスト。ユーリの心が晴れた…もしくはトーマの願いが届いた…という部分での単純な演出なんだけど、効果は絶大だと思った。というか、劇中あんなに照明を絞っているのね。役者の顔も見え難いハズだよね…(だから紀伊國屋ホールみたいな大きい劇場は不向きなんだよね>ライフの芝居って)。
2006.06.17 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/305-963192c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。