上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて月組『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』観劇。
あぁ…、またしても木村(呼び捨て)の所行に立腹してしまったヽ(#`Д´)ノ ムカー。荒れ口調になるからこの話は下に書く。その前に彩輝のサエちゃんが観劇に来てたよ(・∀・)ラッキー! 開演前からフツーに客席に入って来てフツーに埋没してました。でも抜群に綺麗やった。そしてアサコがショーでアドリブ。未だにサエアサに間違った幻想を抱いている私としては、アサコの「サエちゃん、助けて!」を生で聞けただけで、飯三杯食べられます。

演出が最悪でも月組は楽しませてくれる役者がいて助かります。ありがとう、アサコ、かなみん、あいあい。城咲クレオパトラは想像以上に歌が上手で驚いた(←失礼。踊りの人かと思ってたんで)。あと化粧キラキラ。体型も嘗て優里モンローがしたように詰め物してたのかな。いや、でもそんなコトしなくても綺麗な身体の線だね。ショーでもデュエダン姿に見惚れてしまったよ。美しい踊りをする人だ。いや、もう城咲あいはその存在自体が美しいよ(舞台上の話ね)。…とベタ褒めしつつ、あいあい組替えしてくれないかな…。彼女を観たくて堪らないのに同時にかなみんも観たくて堪らない。うわぁ…贅沢過ぎて嫌になる。彩乃ポルキアの扱いには納得いかないけど、彼女の儚い可愛さと美声が聴けただけでも満足するべきか…。狂気っぷりも切ないよ。ショーでは一転、ミニスカポリス姿も拝めて大変楽しい。タンゴ等では相応のシックな表情も踊りも決まってるし、素敵だよ(´∇`●)カナミン。私の場合トップコンビの両者が大好きというのは仲々ないのでアサカナは奇跡のよう。もっとガンガン絡んでくれいいのに。瀬奈ブルータスはあの役をよくこんだけ見られる人物に仕上げたなと本気で感心。いや、ま、瀬奈じゅんという役者が魅力的なだけかも知れんけど。ショーでは当然トップ然としていて格好いい…(特に大階段燕尾)。キリヤンはドコにいても何をやっても上手い。腐女子的見所満載な祐飛カシウス&瀬奈ブルータスの絡み。ゆらさん、サヨウナラ、楽しい一時をありがとう。ナゼ末子ハンはあんなに目に付くのだろう。轟御大は死に際の手の動きが異様に綺麗だった。…にしてももう特出止めればいいのに(←彼女の存在は否定しないが)。春日野様級になるには相当な年月を要するから、その間の適切な活用法はないものか。今なら存在感(そりゃ元トップだし)を活かして階段降り無しの芝居特出で適当と思うのだけど。

ショーはスタンダードで無駄のない内容で酒井先生ややラヴ。ベテラン作家故かタンゴやフィナーレの作りは抜群です。そんで木村の話。今回はブルータスがカエサルを暗殺しようか苦悩しまくる話。ほぼ全編それ。でも歌で苦悩を延々表現したって退屈なのは目に見てるじゃん(どんなに演者の歌が上手かったとしても)。なんだろう、彼は誰の為に作品を作ってるの?金払って観てる観客のコト全然考えてないよね。最後のフィナーレで本編の出来の悪さを誤魔化すなんて浅はか極まりない。その取って付けた感も狙ってんだよとか言っても、知らねっす。どっちにしろ詰まんないんだから。そもそも作品のカラー云々を語る以前に、木村は演出家として客を素直に楽しませる術を知ってる癖にやらないだもん。その点が一番腹立たしい(o゚Д゚)ノゴルァッホーイ!! 先ずは客を楽しませてから独自性を追求しなよ。今すぐ中島哲也監督を見習え(←関係ないし)。それが無理なら、せめて優秀な作曲家を見つけて、文句言えん位に耳残りする素敵な音楽をベースにしてから、あんな脚本で演出してみなよ。ミュージカルは音楽さえ良ければ、多少の拙さは帳消しになる利点があるのだからさ。

…↑というような話を芝居終了直後に同行者に熱く語ったのだけど(迷惑)、「そう?」と一言で済まされました…(;゚д゚) 。えー、あんな作品を許してしまうのですか?と本気で問い返したかった…けど止めた。
あぁ、チケも余り気味だというし、ショーの為にもう一回観たいけど、あの芝居がネックだ…。
2006.07.15 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/319-9ad7a837
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。