上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
宝塚大劇場にて星組『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!』観劇。

芝居の話。観劇中、サヨナラ公演とは到底思えなくて、果たして湖月ファンは納得しているのかな…と余計なお世話的なコトを考えてしまった。内容は正塚調の軽めのラブコメディとややサスペンス。船上という閉鎖的な空間が活きてるのかどうかすらよく分かりません。実力のある役者二人のダブル主演バウ公演というのが最適当な舞台だった気がする。確かにラストはサヨナラっぽいけど、それだけってどーなのでしょうね。…でもその点を抜きにしたら(←それが一番大切なのだが)、それなりに面白い舞台でしたが。
この芝居で一番実力を発揮していて一番芸達者なのは安蘭アンソニー。もう、上手すぎて上手すぎて感心しきり。あんな微妙な台詞と間と三枚目キャラでよく客席を沸かせられるよね。この芝居は瞳子さんの上手さを見せ付ける為にあるのかと一瞬錯覚してしまいました。更に同時に未沙氏の芸達者振りにも感心したんだけど、でも二役の必要性は皆無だよね(ウメと共に混乱したさ)。礼音フランクは気障過ぎて驚いてしまったが、見慣れると濃ゆさで他のキャラを圧倒。百花さんはダンサー役では必ずスリット付衣装でチラリズム満載だったが、サスガに彼女はエロいんだかエロくないんだか判断つかない。でもそんな所が可愛かったりした。あと痩せたのか筋肉が付いたか分からないけど、二の腕辺りがムキムキしてた気がするんだが…(気のせいか?)。和デイブは若手だろうにしっかり者風。夢乃スコットは若手だろうにコミカルな味付けが出来ていて芸達者風。

ショーの話。これは花組で上演した「ダンディズム」の焼き直し…もとい、ネオバージョンなのですね(知らなかった)。大階段に男役が勢揃いするOPは確かに文句なく格好いい。それにわたるさんの歌声の中に真矢さんの歌声なんかが思い出されて、密かに懐かしい。…が、如何せん男の美学だけあって娘役出てこねーっす。最近しぃちゃんの色気に相当やられてる(←でも注視はしてない)。リアルで隣にいたら唯一ドキドキしてしまいそうなタカラジェンヌかも。デュエットダンスでわたるさんとトナミ嬢のクルクルリフトは凄いね。というか、この星組公演で一番驚いたのは音花ゆりの大抜擢っぷりだよ。芝居でソロもあったし、ショーはなんとエトワールまでやってたよ。これは宝塚歌劇団がよく使う身内有名人便乗商法・・・つまり「相武紗季効果だ(・∀・)!」と勝手に思っとります。ま、それは置いておいて、音花さんの歌声を初めて真面に聴いたけど、ブレの無い芯のしっかりした硬く真っ直ぐ伸びる歌声だなぁ…と思いました ウタ(゚Д゚)ウメー。

つーことで、久々に本拠地の兵庫県宝塚市まで行ってきましたよ。特に何かに思い入れがあったワケではなく、旅行がてらフラッと。でも約5年振りに行った割にはそんなに懐かしさも感動もなく、こんなもんだっけ…とやや肩透かしを食らったのも事実。それは私の宝塚に対する思い入れが減ったからなのか…。
それにしても公演については、まだ書きたいコトは沢山ある気がする。…が、公演内容を覚えてない…。思い出したら、書き足すかも。次はバウホール公演、七帆ひかる主演の『UNDER STUDY』の話も書いてみる。
2006.08.19 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/336-e72c4634
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。