上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
宝塚バウホールにて宙組『UNDERSTUDY』観劇。

隣席に元宙組の月丘七央さんが座っていて、観劇姿勢の悪い私は月丘さんの脚を蹴らないようにと必死で逆に脚が攣りそうになりました…(゚д゚lll)アシナゲー。
そんで生徒に関しても公演に関しても前情報一切なしでの観劇(最近いつもそうだけど)。主演の七帆ひかる氏ですら、意識して見たのはタブン初めて。タイトルは「代役」という意味らしく、とあるパブに集う役者達の熱意と悩みが交錯する青春物語。途中で劇中劇が入り、シェイクスピアの古典的作品が織り込まれるワケですが、若手達がシェイクスピアの小難しい台詞喋ったって眠くなるだけですね。ただバウホール公演は若手の勉強の場でもあるワケだから、それが駄目だとは言いませんが。それから最後の決意は全く唐突で理解出来ないと思いつつ、人生の転機を描きたかったのだろうなぁ…と気持ちを収めてみました。

宙組を何も知らない私が見て、先ず目に留まったのは妃宮さくら嬢。ベテラン陣を除いて考えると、今回の出演者陣の中で一番上手いし一番可愛い。それほど登場場面は多くないけど、グロリアという人の生活環境、性格、癖…なんかまで伝わってきそうな的確な役作りと演技で、研4という若手なのが信じられないほど。今後宙組は妃宮さんをガンガン使った方がいいと本気で思いましたよ(ベタ褒めだ)。葉室マリアは随所で歌声を披露していて、とても綺麗な声だし、当然上手で、ワタシ好みな歌声に癒されました。同様に圧倒的な歌声を響かせてた和音ジュリアは、歌に関しては、他と比する必要もないほどに上手過ぎて、一人だけ別世界にいるみたい(それも良いか悪いか微妙だけど)。初主演の七帆さんは良くも悪くも癖のない役者に見えた。熱演が伝わり難いタイプなのかも。うーん、どこかで月船さらら氏を彷彿とさせる。でも見た目はスッキリと綺麗だし、いつか大きく飛躍する日も来るかも知れない(よく分かんないけど)。立、汝鳥、美郷のベテラン三人組は頼りない若手達の演技をしっかり引き締め引っ張っていて流石の一言。特に美郷グッドリッチの可愛らしさったらないね(特にパック)>タダのオジサン役なんだけどね…。

うーん、ま、そんな感じか。何にせよ、若手達が中心となった舞台だけあって、熱意の迸りみたいなモノは充分に感じられたので、それはそれで収穫だと思った(→カーテンコールでの七帆氏の爽やかな笑顔はそりゃ素敵だったさ)。それと、バウホールで観劇したのは本当に久し振りなのだけど(→ICARUS以来?)、あの程好い狭さの劇場が東京にもあればいいのに…とちょっと思いました。
2006.08.20 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/337-40a3d8b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。