上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
明治神宮会館にて『シブヤ大学 開校式(‘ap bank dialogue 06 vol.4')』。

初めて明治神宮を訪れたけど、大都会の真ん中にあんな森林と神社があるという事実がスゴイ。会場へは開場五分前に到着。定刻になっても受付が始まらずにブーブー言ってました。だけど思った程人も並んでいなく、結局、前方席に陣取るコトが出来て、待ち時間の不満も飛びました。
とりあえずSalyuの話。三時限目の小林氏、GAKU-MC氏、大橋氏の緩い話が一段落した所で、特別な紹介もなくSalyuが上手から登場。

01:風に乗る船
02:to U

おい、こら、あんた妊婦か…と突っ込みをしてしまった理由は、黒の緩めのワンピースとスニーカーでSalyuが登場したから(←お洒落だよ(゚Д゚)!!と返されそうですね)。ま、それは置いておいて、髪型は一瞬モヒカンぽく見えたけど結構可愛い。そしてナゼか腕には絆創膏が…。
セットリストは上の通り。伴奏はコバタケ氏のピアノのみ。前方席で観た為に歌声の響き方はよく分からなかったのだけど、やはりこの二曲は大変安定してるし、力強く届いてくるね。ただピアノ音量とSalyuのマイク音量のバランスが悪かった気がしてそれは残念。まぁ、Salyuの歌声はそんな空間であろうと変わらず素晴らしいんだけど。あと毎度のコトながら、歌うに従って下手側を向いていきました…(→あー、私は上手に座ってたさ)。

以下、『シブヤ大学』の話。
ネーミングだけ聞くと胡散臭い大学ですよね。設立の主旨は渋谷を発信地とした生涯教育をしたいというような真面目なモノらしい(私の勝手な解釈)。本日その一端に触れてみて、試みとしてはとても面白いと思った。ただ方向性が曖昧になりがちなテーマだけに持続していくのは相当大変だろうなぁ…とも思った。そんで本日は開校式として三つの授業。その中で覚えている話を少し書く。
一時限目のテーマは「教育」。横浜市立東山田中学校の学校長・本城愼之介氏が話した「0.9 1.0 1.1」の話。夫々の数字を二乗していくと、1.0はそのまま、0.9は限りなく零に近づき、1.1は限りなく大きな数字になる。これを善行(or悪行)に置換すると僅かな行為でも積み重なれば何れは大きくなる…という大変ご尤もな話。それから「正解より回答 思考より試行 成功より成長」も指針にするには良い言葉。
二時限目は「経済」。一昔前の‘バーイ、サニヨウ’というCMフレーズが好きで、私の携帯電話はSANYO製。その三洋電機(株)代表取締役会長・野中ともよ氏の話はほぼ同社の宣伝。でも紹介したくなる気持ちが分かるくらい環境に配慮した優良製品の数々。また新たな企業理念である'Think GAIA’は、理想論と言われようが大変意義のあるコトだと思った。更に同社は私の嫌いな「地球に優しい」というフレーズは使わないらしく、もうそれだけで三洋の株を買いたくなった。
三時限目は「環境」…らしいけど、結局何の話をしたかったのか。余りにも緩く取り留めのない話題連発で、その時間を他の授業に回せばいいのに…とさえ思ってしまった。いや、でも聴講生が飽きないように、趣の違う三つの講座を構成するという意味があるのなら、それは成功しているとは思ったけど。そーいや、大橋マキさんが持参したアロマ、バニラっぽい甘い香りでした。
2006.09.03 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/340-767aeb1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。