シアターサンモールにてスタジオライフ『夏の夜の夢』観劇。

どちらかと言うと今日観たチームの方が好みかも。オモシロ部分はYippee!同様あったのだけど、最終的な夫々の恋愛話の収まり所がしっくりきてたので。それと前半から何となく笑いの雰囲気に馴染めて、前回よりは楽しめたような気がする。あー、まぁ今日は良席で観たからそう思っただけかも知れないんだけど。

本日はWoo!チーム。
久し振りにライフで楢原さんの姿を見るコトが出来て嬉しかった(→ドリアン以来?)。彼のような極めて安定性が高くて実力のある役者は定期的にライフの舞台に立って貰いたいなぁ…と思う。今のライフは若手の成長する勢いに乗ってる部分もあると思うんだけど、ライフの魅力ってそれだけでもないと思うので。つーことで安定感や円熟感があって余裕綽々に面白いコトをやってのける楢原ディミートリアスに惚れました。同様に堂々と阿呆っぽいことをするライフ看板役者の一人、山本ライサンダー。芳樹さんは苦悩する役だけが売りじゃないんだね…と改めて思う。ダンサー故に身体を軽々と使った数々のベタな笑いが大変面白かった。関戸ヘレナと松本ハーミアは可愛過ぎるじゃないかーヽ(`Д´)ノ…という叫びは置いておいて、先ずは関戸ヘレナ。関戸ヘレナは全然不細工じゃないよね。設定はさておき、寧ろ大変可愛い。全編健気で素朴な雰囲気で最後ディミーと心が通じた時の笑顔が本当に嬉しそうで可愛かった。松本ハーミアは可愛いというより綺麗。こんなに綺麗な顔立ちとは思わなかった。そりゃ二人の男性に愛されるのも分かるさ。
舟見ヒポリタ。パッと見が大層綺麗だな…。一人だけテンションが全く違って悲劇感丸出しなのだけど、そこが馬鹿騒ぎ的な連中との対比になっていて面白い。望まない結婚に対する枷なのかいつも鎖に繋がれているのだけど、最終的に開放される時の落涙が更にヒポリタを美しく見せている。それとラストの劇中劇の最中のリアクションがヒポリタの心をよく表していて見てると面白い。牧島シーシアスは公爵というよりは検事等の役付感が漂うのだけど、どちらにしろ人を裁く度量があるかのように見えるのは彼の特性。黒チューのオレンジ公なんか見てみたい役者です。仲原フィロストレイトが一瞬とても格好良く見えた。青木フルートはやっぱり美青年だなぁ…。前回のYippee!チームの時とは少しキャラを変えていてその変化も楽しい(→今日は投げ遣り風な今時の青年っぽくしてた)。序に坂本岩崎ペアが少しだけの登場にも関わらず見つめ合ったり何やらの小ネタで笑わしてくれた。あとラストに三上君が自然にウィンクを飛ばしていたんだが、罪作りな感じがしてしまう…(可愛いぞ)。

音楽劇ってコトで、それ自体は否定しないんだけど、途中歌によってテンポが悪くなってしまった感も無きしも非ずかと思う。それにライフ団員は全員が歌上手いワケじゃないし…(略)。それから最後の劇中劇の長さはなんとかして頂きたく倉田さんに進言したかった…。
ま、そうは言いつつも、新たな試みで芝居を作っていくライフの姿勢はいいなぁ…と思うのですよ。本当に。
2006.09.23 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/351-ac6a36c3