東宝劇場にて『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!』観劇。

真飛聖さんと朝澄けいさんが観劇してました。二人の仲睦まじい様子を見て、腐女子的妄想に拍車が掛かった人は大勢いたハズ。いやぁ、なんだ、あの仲の良さは…。目の保養になったぞ(・∀・)!
芝居、ショー共に特に目新しい感想はありません。やはり安蘭さんの上手さが一際目立つ芝居。わたるさんの不器用な青年も実は上手いのかも知れないと思い始めた。それとしのぶさんの歌が好きかも。そして立樹さんがエロ過ぎて…元い、色気があり過ぎてクラクラしてました。

書くことがないので、百花さんのショー感想でも書く。…というか感想にすらなってないね、これは。後ほど修正します。
バラの乙女は娘役版のオープニングのような感じ。娘役が集ってわたるさん他を盛り立てたり盆に乗って回ったり。一連の動きを見ると娘役自体が一つの花のよう。衣装は白だかピンクだか…判別不能な色。裾が長いのでそれを捌く百花さんの姿が大変優雅。学年が上がるとこういう動作も決まるようになってきて、特に何もなくても一日の長が存分にアピールされてたよ(って私だけにか?)。ガウチョの女。プログラム見ててガウチョが鵞鳥に見えたΣ(゚д゚lll)。何すんのかと思ったよ 。因みにガウチョ=南米のカウボーイ。ココは衣装のフワッとさ加減とショートブーツ姿が可愛い。そして百花さんのジャンプ力が凄い。キャリオカの女Aは中詰め。ココは可愛いね。ホント可愛いよ。書くことないから可愛い可愛い連発しておこう。可愛いよ、モモさん。それと肩が出る衣装なだけに筋肉質なのが一際目立つ。きっと百花沙里の腹は割れているに違いないΣ(゚Д゚)ドーン!!!…という無駄な想像をしてしまいがち。友(歌)は上手側でナゼか歌手要員として奮闘中…。ストレートの鬘でシルバー風味のパンツスーツなので格好良い。他の人が中央でガンガン踊っているだけにモモさんにも踊って欲しいけど、まぁ、きっとあのコーラスの中には素敵なモモさんの声が混じっているのでしょう(←聞き分けられなかったらしいよ)。パレードは下手側降り。紅い衣装で華やか。幕が閉まる前に何かを呟いているのですが、一体モモさんは何を言ってるんですか?余りにも大口で言ってるもんだから、気になって仕方ないっすよ。
2006.10.07 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/356-2db5f7cf