目黒雅叙園にて『華道家 假屋崎省吾の世界』。
花にも假屋崎省吾にも特に興味はないんですが、招待券貰ったし、目黒雅叙園は一度見てみたかったし…で行ってみました。假屋崎省吾の作る花の世界はとにかくデカイ。物理的な大きさもだけど、世界観がデカイというのか。ま、とか言ってあんまりよく見てないんだけど。それより私の興味は目黒雅叙園の建物に向き巻くってました。百段階段の存在に感嘆し、各所の天井や装飾画を見てはスゴイスゴイ連発してたからね。あんな機能性の低い屋内階段や絢爛豪華な装飾凝らした部屋、現在なら仲々作ることが出来ないだろうと思うと尚更に。…とか言って、最近作ったらしい新館トイレの阿呆らしいまでの凝り具合もオモシロかったけど。

そんで話題変わります。

それにしても…、「それはこのサイトを今後も長期間存続させる為にとても重要な事であると私は考えています」。←これ、なんて直訳クサいんだろう…と突っ込まずにはいられない。きっとこの管理人さんは原文を外国語で書いて翻訳したんだね…。はい、嘘です。そもそも真夜中にあんな長文を書くコト自体が間違っているのですよ。頭働いてなかったね、きっと。この件で第三者から見た自分の姿を少しだけ知って(本当は知りたくもないんだけど)、面白がる半面、微妙に遠い目になりました。そんな風に思われてるのか…私。

各ポータルサイト(Yahoo、Infoseek、Excite)の翻訳コンニャクの中で、一番ナチュラルに訳してくれるのはInfoseekのマルチ翻訳なんじゃないかと最近思う(→自然なだけで正確かどうかは知りません)。それに8ヶ国語の翻訳が出来てしまうのがスゴイよ。スペイン語やポルトガル語が翻訳出来ちゃうんだよ(→需要あんの?と問うてみたい>と言いつつ私は使ったが…)。更に言うと、前々からInfoseekマネーも使い易いので利用している。…と、最近色々助かってるからとりあえずInfoseekを褒めてみました。みんなも使えばいいと思うよ。
2006.11.13 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/369-2531f8da