上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
シアターサンモールにてスタジオライフ『Daisy Pulls it off』観劇。

あれ…、こんな感動的な物語だったっけ…と、初演を観ているクセに頼りない感想を抱きました(初演の感想はココの下3つ)。苦境に立たされた正直者の主人公が行き着く先はパターン的に決まっていますが、ま、それでも再演するだけあって落とし所は仲々上手いお話です。中盤辺りで確実にダレるような気はするけど、それもまた一興かね…(違う)。
とにかく、開演早々、グレンジウッド女学院の生徒達(つまりスタジオライフ劇団員)が女学生の制服を着て一斉に客席を歩き回った時点で、あの物語に引き込まれなきゃいけないのですよ。あれをカワイイーヽ( ゚∀゚)/と楽しまなきゃ始まらない。そんな芝居だよね(←どんな芝居?)。

本日はCranberryチーム。
舟見デイジーは再演だけあって特に注文をつける必要もないくらい安定してる。あ、それと初演では合唱のソロを決して歌わなかったけど(発声練習のみ)今回は頑張って歌っていて、その姿が健気だった。三上トリクシーは元気一杯。始終声がデカくて少し想像と違っていた(悪い意味ではなく)。
このチームが楽しかった一番の要因は林シビルの存在だと思う。ライフ内では敵無しかと思う程、毒気を自在に発揮している。あの実力とテンションに周りの団員が付いていけないんじゃないかと…逆に心配してしまう。それと合唱の下手歌が上手くて(言葉が矛盾してるがそのままの意味)かなり笑えた。石飛モニカは日和見的な感じが出ていて大変良い。権力に阿ってしまう弱さは誰にでもあるから、そこを悪辣な印象にならない程度に滑稽に演じている姿は流石だと思う。というか石飛モニカは完璧ドヂっ子だ。
曽世クレアは正当な育ちの良さが出ていて、金髪にするとロシア人の血が入ってる…と本人が嘘を付いても信じてしまうほど貴族的な異国人っぽい。牧島ベリンダは初演に引き続き、真面目な優等生気質が見えて好印象。吉田アリスは上級生的な雰囲気は弱いけど、一本気で実は優しい模範的な生徒を的確に演じてる。小林ドーラは久々の登場で本当に嬉しくて、ドーラの少し間が抜けた姿を観るだけでも和めてしまう。荒木ウィニーは見た目が格好良くて目を引く。佐野グランヴィルも久々の登場で嬉しいし、地毛長髪は相変わらずで懐かしい。倉本ギブソンは自分の台詞で笑ってしまうのは頂けないがそれ以外は可。河内スコブロスキーは怪しさ満点。また本筋には関係ないけど、冒頭客席巡りで関戸君が「今日は頑張ります♪」と至近で言ったのを聞いて、余りの可愛さにクラクラしてしまったです…。

ま、そんな感じかな。一先ず、今回は大変楽しめました。次のキャストでも楽しめるといいなぁ…。
…なんて暢気に思ってたら、私、大変なコトに気づいてしまいましたよ。なんと配役を勘違いして、岩崎シビル&山本モニカのチケットを取り損ねてました…('A`|||)。…うわぁ、こりゃ、厳しい…。4パターンも配役作るから間違えるんだよヽ(`Д´)ノバカー。もう、嫌だ。ってコトで、当日券でも狙うかな。
2007.02.25 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/399-792504e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。