日本青年館にて宙組『A/L』観劇。

なんだ、ルパンの大冒険活劇!って感じの物語ではないんだね…。最後まで何が主題なのか掴めず、焦点がぼやけた芝居だなぁ…という印象が残りました(←寝そうになった言い訳じゃありません)。と言っても、全体的に詰まらなかったワケじゃなく、タニウメのお披露目や下級生の小芝居…等々、見所は沢山あったと思います。また今回は装置の上で芝居をするコトが多くて、観易い半面、客席から役者を遠ざけていた気がする。三列目で観た私が遠く感じたんだから、後方席の人はオペラグラス必須じゃんね(→それは宝塚では当然なのか?)。

以下、役者の感想。
何はともあれ、ウメ、お披露目、オメデトウ! もうウメが真ん中にいるという事実だけで嬉しい。陽月アニエスはお転婆娘という設定らしく、一癖あるお嬢様を彼女らしく演じてました。ウメはどこにいてもウメだなぁ…と少し安心。タニオカ君是非ウメを大切にしてやって下さい(親心モード)。同じくお披露目の大和ラウルは…あの気張らないアッサリ感が良くも悪くも大和悠河の魅力なのかも…と何となく思った。光アンリエットは芝居では流石の存在感を出し、フィナーレでは妙にお美しい。十輝ローアンは落ち着きがあって格好良く、彼女の男役的立ち姿が結構好き。身長的な兼ね合いも含め一度ウメと踊って頂きたい。和音エヴァは若手なのに既に貫禄すら感じられる余裕っぷり(→役柄的には可愛らしいです)。早霧ドリスは少し間抜けな学生でその普通っぽさを演じられる所が逆に良いと思った。北翔ホームズ&春風ワトソンは開演前の掴みが楽しい。両人共にほのぼのキャラ。悠未レイは悪人顔だけど、その存在が渋くて好きです。

本日は東京初日だそうで最後は案の定スタオベになりました。何度かカーテンコールがあって、故に仲々帰れない。あんまり初日でやり過ぎるのはどーかと思う今日この頃です(トップお披露目ではありますが)。タニオカ君は幕が上がる度に「後で夜桜を見ましょう」としきりに言ってました。エイプリルフールだからか、それとも出待ちで本当に桜を見る気だったのかな…。まぁ、楽しきゃ何でもいいんですけどね。
2007.04.04 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/409-2a85b2f4