紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『Romeo&Juliet』観劇。

若いな…。いや、本当に初々しい。今回、倉田さんは「passion」をポイントに据えて演出をしたらしいけど、正に熱々ですよ、彼らは。既にその若さに付いていけない感がある私ですが、まぁいいのですよ、情熱があれば何だって(←と、テキトーな言葉でお茶を濁す例)。実際、ロミオとジュリエットの年齢を考えたら、この舞台はこれで正解の一つとして成立しそうな気もします。
序でに、今日はロザラインが扇、ジュリエットは秘薬を落としてました。流れが途切れなかったからまだいいけど、そんなハプニングは観ている側もドキドキですよ。

以下役者の感想。本日はSighoriチーム。
山崎ロレンスは色んな意味で頼り甲斐がある。周囲が若手だからこそ彼の存在が更に活きていた。ちゃんと若さを受け止め切っているよね(ロレンスとしても先輩の役者としても)。そして言葉に説得力があるから、台詞が上滑りにならない。当たり前の事だけど、シェイクスピアの膨大な台詞にはとても大切な事だと思いますよ。
このチームが若さ溢れて見える最大の原因は荒木ロミオ。全体的に善し悪しはあるけど、荒削り且つ勢いのある演技がロミオの情熱に嵌っているのかも知れない。あと彼の駄洒落は下らなくて可笑しい。松本ジュリエットは若いし可愛いし、悪くはないのだけれど、想像通りで意外性がないというか…。高根ティボルトは強そうでロミオなんか片手で捻ってしまいそう(でも負けた)。そしてティボルトの従者達(奥田、岩崎、寺岡)も黒くて物凄く強そう。倉本乳母はあの役作りならあの乳母を憎める…もう笑わないで下さい。吉田バルサザーは精悍な従者だな…と思ったのだけど最近必然性なく吉田君を褒めてしまいたくなる病なので今回は自重。それは舞踏会の女の舟見君にも当て嵌まるのでコチラも自重(でも綺麗でした)。

本日はトーク付き。「愛と憎しみについて」というお題。難しすぎて誰も真面に答えられてなかったのは仕方ないか。覚えている内容を簡単に書いてみる。下井君はモンタギュー夫人はなぜ最後まで生きているのか…と原作との違いを疑問に思う。牧島君はロミオとモンタギューの関係を自分と父親との関係に置き換えて役作りをした。倉本さんは「憎しみは憎しみを呼び、愛は愛を呼ぶ」というドコかで聞いたような名言を。船戸君はキャピュレットは「イタリア男」というイメージで作った。林さんは稽古場で色んなタイプのキャピュレット夫人を演じてみて役を掘り下げた。今は感情の向く方向性に気をつけて演じている。

両チームを観て思うのは、仮にロレンス神父の配役が入れ替わってたら躊躇いなくErbeチームを推すということ。山崎さんの力は偉大だね。ま、とか言って、それがなくてもErbeチームの方が好きだという結論ですが。
2007.05.20 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/419-02c7df9f