上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京厚生年金会館にて『ドリーム・オン! メロディー・アンド・メモリー』観劇。

星奈優里は何故デコを出さないのか?という内容で延々書こうか…という考えが頭を過ぎったけど、面白くないので止めました。OG公演の演出家は宝塚の演出家。今回は(も)三木先生。過去の宝塚作品をテキトーに切り貼りしている感もあり、内容的に節操が無いといえば無い。でも良いトコ取りといえばその通り。だから楽しめればとても楽しい。

鳳蘭サマのエンタテイナ振りは言わずもがな。舞台上でライトの光を受けて死にたい…というような歌詞の「歌い続けて」という曲では正に入魂の歌声。また漫談調の語りも相変わらずおかしい。麻路のマリコさんは前回よりも踊りのキレが良かった気がする(気のせいかも知れない)し、フリートークでは相変わらず女性らしい一面。そして周囲との対比のせいもあるだろうけど紫城るい嬢が飛び抜けて可愛かった。あー、るいるいカワイイイカワイイ…とばっかり思ってた。彼女のファンは何を措いてもこの公演を観るべきだと思う。後は久々に真織由季さんを観たけれど変わらず良い歌声。久城彬さん朝澄けいさんも素敵。

以下、星奈優里さんの話。
演出家の手抜きか分からないけど、内容的に前回の「ビューティフル・タカラヅカ!」と被るね。そんで、今回も黒い瞳のタンゴが素晴らしくて見惚れてしまいました。あれだけでも四千円分の価値はあるんじゃないかと思う(私の中の勝手な比率)。それから二幕の序盤で肩出し青ドレスを着ていた時、優里さんの指先から腕、そして背中に通じる筋肉の動きが本当に美しくて、そこら辺ばっかり見てました(変態)。芸術的。その他は定番の「ごらんなさい」やモンローや映画「街の灯」や星組時代の「グレートセンチュリー」から何やらかんやら…と盛り沢山。
あと今回の目元の化粧は失敗では…(略)。そして冒頭にも書いたけど、優里さんはどうしてデコを出さないの?デコを出すだけで魅力倍増なのですよ。本人、気づいてないワケじゃないよね…。そろそろ手紙でも書いて本気で進言致したく候(しないけど)。
それと、私、知らないウチに優里さんが結婚しててもおかしくはない…と常々思ってるんだけど、未だそんなコトはないみたい。ツレさんに結婚ネタで弄られて、白い衣装が黄ばまないウチに…と答えてました。他には自分のデュエットダンス失敗ネタを披露したり、結構一生懸命話していて好印象でした。

ま、そんな所でしょうか。
あと10年位は毎年これ関係で全国回れば良いと思います。


早速、この公演に絡んだスカステの「演劇の小径」を見ましたよ。確かに腿辺りは厳しい印象はあるけど(タブン椅子のせい)、上半身は完璧に可愛いじゃないですか。ヽ( ゚∀゚)/デコデコデコー!!!! それにちゃんと真面目に明るく喋ってるし。…にしても、優里さんの腹部、あれは腹巻ですか?(…というお洒落に対する定番のツッコミ)。
※Tさん、どうもありがとー (。・ω・)ノ゙
2007.05.30 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/421-ca510752
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。