上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて星組『さくら/シークレット・ハンター』観劇。

さくら。日本物ショーは久し振りな気がして、何だか新鮮。色々とアレンジ加えて従来とは違う日本物を作ろうとしているのは分かるし、実際、観易くて結構楽しかった。特に節句人形の場面はお伽噺風で罪がなくて宝塚らしくて(子供っぽいとも言うが)好きです。花折も狂言が元という割には取っ付き易くて楽しいよ。更に立樹&涼コンビの地味っぽいよく分からない感じが好き。竹灯篭は幻想的な雰囲気で最後までいけばいいのに…と思う。それと日本舞踊は静止力も勝負なのか?とボレロを観て思った。あの静止は色んな意味でドキドキ。

SH。ラストのベタな台詞に驚愕。一番の宝物を見つけたから僕は盗人を…って、何だよ、それ。この究極のベタさは狙ったモノだと思いたい。児玉作品の救いようのない軽さは作風と片付けていいんでしょうか。フィナーレは結構好きだから、児玉先生はショーを中心に作ればいいのに…。そういえば、花組時代のあすかは華はあるけど品はないという極端な印象だったけど、今回は抑え目の役作りで好印象。そしてフィナーレでの礼音の見栄えの良さったらないね。また、その横で踊るしぃちゃんは本当に素敵だ…(エロ)。

以下、百花沙里さんの感想。
さくら。冒頭の桜花の美女と最後ボレロの桜の女は群舞。とにかく着物姿で優雅な仕草ができて、更にそれが美しい…というだけで価値のある事だと思うのです。そんな百花沙里さん。綺麗。素敵。三人官女は上級生特権なのかとても良い役。柄杓持ってゆらゆらしたり内裏様に絡んだりキャーとか言ったり…(役柄を書いているだけでも百花さんに似合いそう)。姫に逃げられたお内裏様は美人で明るくドヂっ子風味なモモ官女を後妻にすればいいのに(勝手な妄想)。花見の女は台詞やらソロがあってこれも良い役。でも何年応援してても、未だに百花さんがソロで歌ったりするとドキドキしてしまうよ。もう立派な上級生なのにね。
SH。今回の通し役はストリートミュージシャン(女)になるのかな。マラカス持って弾けてますが、いきなりあの登場には吃驚(←研14でこの役って何だよって意味で)。但し、最後にはきちんと意味のある役割が振られている事が分かって安堵安堵。舞台上の衣装で普通のスーツというのも余りないので、その姿は貴重なのかも。結構デキル女に見えますよ。次はカーニバルの女。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! ダルマ! 研14にしてダルマ! ダルマ! 客席通って銀橋の上で踊ります。何年経っても彼女のダルマはエロさがなくて健康的で清々しい(褒め言葉)。邪念なく素直に楽しんでいいんだね…という気がして(←邪念を持つ方がおかしい)、ホッと安心できるダルマ姿。フィナーレの女は青いドレスで大階段上から登場。今回の公演で外見的に一番綺麗なのはココだと思う。あ、いや、単に好みの問題かも知れないけど。ここの百花さんを見ると、彼女は本当に美しい人だな…と改めて思う(何故か時々忘れる)。今回は目元のメイクが多少強めに描かれているけど、これはこれで綺麗だね。パレードは下手大階段から登場。羽根背負って明るく踊っているから、たとえ遠くても楽しさが伝わってきていいと思います。

あ、相変わらず取り止めがない…。次回、もう少し、書きます。
2007.05.26 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/425-e4162178
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。