上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて星組『さくら/シークレット・ハンター』観劇。

さくらの話。ラストの総踊りは大変格好良い。正に宝塚日本物ショー!という感じがして。豪勢で華麗で品格あって美麗…とか、ま、そんな所。観客の殆どは日舞の善し悪しなんて分からないんだから、その線でOKだと思う。松本悠里様の踊りは群舞の中でも際立っているような気がするんだけど、それは実際特殊なオーラが出ているのか、「ミエコ先生は上手いハズ」という特殊なフィルタが掛かっているのか…さてどっちなのだろう。麻尋しゅん氏の歌い方はオモシロイ。それと、オペラグラスで星組スター達をぼんやり眺めていて、涼紫央さんの所で浮かんだのは、芸名より愛称より先に「リッチ」という言葉。
rich.gif
その脳内テロップを再現すると上↑のような感じ。失礼なんだか愛着持ってんだか何だかね…(勿論後者ですけど)。

SHの話。やっぱり浅薄な話だよね(→深く考えず気楽に観られるって言ってもいいけど)。王位継承権の為に王女を暗殺…という割には緊迫感が皆無なのがいけない。刺客の立樹ロビュションもあれじゃ弱そうだ。又、オープニング等で出演者に楽器を持たせてるけど、あそこで上手に叩けてもどうにもならんと思うのだけど(しかも必然性ゼロだし)。安蘭ダゴベールがビリーネタで遊んでいた。「下手な芝居」の芝居をしている涼マックス&綺華クリスが好き。英真組長の二役の必然性ゼロ。あすかは時々凄く綺麗。デュエットダンスの背中向けてる時が大好き(顔が気に入らんという話ではなく背中が綺麗って話)。立樹さんは金髪は似合わないという結論。雪組時代のイメージからクンバンチェロと言ったら安蘭けい(←立樹氏も言ってたね)。なのでこのフィナーレは嬉しいよ。でも今回の一番の衝撃は汝鳥さんがパレードで踊ってた事かも知れない。

ま、そんな感じ。
そういえば、カーニバルの場面で百花さんの動作に吃驚して、芝居そっちのけでモモさんの動体視力、反射神経、記憶力、配慮、偶然性…にまで考えが及んだんだけど…、でもあれはタカラジェンヌマジックなんだと最終的に納得した。意外とドキドキ。あ、モモさんがこっちの方に向かって手を振ったってだけの話なんですが。
2007.06.24 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/426-b96673b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。