渋谷7th FLOORにて『喫茶去主催イベント~春夏秋冬・夏の巻vol.1~「風待月」』。

久々の高鈴ライブ。丸ビル無料ライブは情報届かずスルー(情報集めない私も悪いが)。メルマガなんかで情報配信してくれればいいのにね。今回は喫茶去が中心となって、6-9月の間毎月1回計4回、渋谷7th FLOORでライブをするという企画らしい。高鈴は出身地の京都繋がりで一回目のゲスト出演です。
そんで、今日は整理番号の関係で早く入場できたせいか、前方席に座ってしまいました。でも余りにも近過ぎると何処を観ていいんだか非常に戸惑うよね…(挙動不審)。

01:涙なんかいらない
02:リトルダンス
03:すれ違い
04:きれいになあれ
05:東京しぐれ
06:Eyes
07:愛してる

「04:きれいになあれ」は新曲。またまた前向きな歌で、高鈴が出すその方向性は嫌いじゃないです。いや、むしろ良いと思う。そして「07:愛している」も新曲。静かな曲で高稲さんの声が静かに響く感じが大変好きです。また「01:涙なんかいらない」は何処かで聴いたコトがあるような気もしつつ、馴染みがない曲なので新鮮でした。
やはりこの高レベルな演奏での安定感は高鈴の強みだよね…。いつ聴いても何処で聴いても上手いもの。今後、活動拠点を京都から東京に移すらしく、色んな意味でチャンスが増えていきそう。楽しみ。東京でガシガシとライブをやってくれれば、私が聴きに行ける機会も増えると思うので。ま、そんな意味も込めて期待してます。また今回は身近な感のするライブで、知らないウチに山口さんがステージ上にスタンバっていて少し吃驚。終演後は店にも出てきたんだろうな…(私はスグ帰った派)。

そして以下、他の出演者の感想も少しだけ。
オープニングアクトはてまり。ピアノとチェロの女性二人のヴォーカルユニット。何というか、楽器を操る人の二の腕は美しいな…とかそんな不埒なコトを考えながら、二人の軽やかな歌声と演奏を堪能致しました。初フルアルバム発売目前とのことで頑張って欲しいですね。
そして今回のライブを主催した喫茶去(キッサコ)の面々。三人の男性ヴォーカルユニット。京都出身らしいです。歌も活動に対する姿勢も全てが真っ直ぐな好青年という印象でドキドキした。若者のストレートさは時に眩しい。アンコールを用意してなくて本気で焦っている姿も何だか可愛いです。純朴風。そしてライブ中、三人の歌声が重なると流石に歌声の潮流のようなものを体感できて、これまた面白かった。歌に精一杯の気持ちが籠っているような気がして、それを受けると単純にスゴイな…と思うのです。
2007.06.28 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/433-6899c8b8