上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
日生劇場にて星組『Kean キーン』観劇。

決して詰まらなくはないと思う。コメディ調で進む部分なんかはそれなりに笑えて楽しい。ただ如何せん終盤でカタルシスが感じられない。いや、舞台上では盛り上がってるから、それはきっと私が物語の本質を全く理解していないからだと思うけど。そもそもなんであれで終わるのだろうか。あれで全て片は付いたの? そしてやっぱり宝塚でフィナーレが無いとそれだけで寂しいね。

以下、出演者の話。
出演者一番良かったのは華美エイミーではないかと本気で思う今日この頃。面白い人だね。宝塚の役者じゃないみたいに奔放な表情と動きで観ていて楽しい。柚希プリンスは颯爽としつつ計算高そうで高慢で格好良い。礼音は真ん中に立つ風格のようなモノが出てきたような気がするんだが…(思い込みかも)。南海エレナは上品で綺麗で良いんだけど、折角モテモテ人妻なのに色気が足りない気もするね。蒼乃アンナは若手なのに地に足の着いた演技をする人だ。既に貫禄すら感じるのは気のせいか。轟キーンはコメディタッチな部分は大変良いのだけれど、語りが多くなると退屈してしまう。紫蘭ソロモンは脇を手堅く締めててグッジョブ。あとアクロバットチームの皆さんお疲れ様です、側転メインだけど本当にアクロバティックで驚きました。

そして百花沙里さんの話。今回は三役です。
冒頭、ハムレットの劇中劇で登場する王妃。シェイクピア芝居は何故か皆さん大仰になるよね。モモさんも例に漏れず情感たっぷり込めて熱演。そして死んだ(;゚д゚) ナムナム。貴婦人は夜会に集う女性。淡い紫色のドレス。どうもあの貴婦人は年齢不詳だ。若くも見えるけど相応の年齢にも見える。不思議な存在。そして台詞はないけど、モモさんが発する小芝居台詞が面白くて一々笑ってしまった。華美エイミーとコンビ組んで一芸出来そうな気さえしたよ。
今回の通し役はミセス・スパロー。歌劇で「初のミセス!」とモモさんが息巻いていたけど、…あれ…、そうだっけ?(←本人の言を疑っているワケではないが)。スパローは娼婦達を仕切るマダム…なの? キーンに女性を宛がう場面はあるけれど、今一つ役割が分からない。娼婦と聞いて妖艶なモモさんをムリヤリ想像して行ったのに、全然明るくて普段通りでした…。姉御肌で娼婦達の相談に乗る面倒見の良さそうな雰囲気。又、二幕ではキーンを擁護したばかりに民衆にボコボコにされていたけど、あの直後の歌はソロの中では一番良かったと思う。説明調の歌よりは感情を込める歌の方がストレートに届くのかも知れないね。今回は学年的にも役柄的にも周囲を取り纏めるべき立場のせいか、モモさんの気合いをヒシヒシと感じる舞台でしたよ。
※追記:ミセス・スパローはやっぱり娼婦じゃない模様。結局、酒場の女主人みたいな感じなのかな…。
2007.09.08 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/446-ee7bdd83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。