東宝劇場にて宙組『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA !! 』観劇。

スペインが舞台なのに余り情熱的じゃないね。トップの芸風故かな。恋と革命、両方について中途半端な内容で、愛してる♪の歌を聴いているウチに途中で意識が飛びそうになった…。それより何より、フェルナンドの最後の台詞に対して「エッ、死んでないじゃん(;゚д゚)!!!」と誰もが突っ込んだと思うんだけど、あれはいいのかな…。分からないでもないけど、実際の死と一緒にすんなヽ(`Д´)ノコラー! って感じですよ。
悠未ルカノールは濃ゆくて悪人面でデカくて良い(全て褒め言葉)。十輝ルーカスと七帆ドンファンが大変格好良くて惚れた。陽月イサベラは愛人的な役割だから為所がない…というか難しい。和音マルガリータは単純に見た目と存在が可愛い。

宙組が誕生して10年も経つんだね…。ロック好きの藤井先生とは音楽の趣味が合わない時点で致命的だけど、何故か彼の娘役の扱い方は嫌いじゃないです。大人っぽく扱う所なんか特に。で、全然名前が分からないんだけど、ショーでソロを取ってた娘役の誰かがメチャクチャ綺麗な声で聴き惚れた。VISA貸切だったんで、中詰めで「ビザビザビザビザ…」と全員が連呼してて、アホっぽくてそこだけはかなり面白かった(笑えました)。
あ、そうだ、本公演で専科の鈴鹿照さんが退団じゃないかヽ(`Д´)ノ あぁ…、力があって見慣れている専科生が辞めるのってスゴイ寂しいね。鈴鹿さん、どうもお疲れ様でした。
2007.09.22 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/454-d0d7865f