上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ヒストリーチャンネル『ビッグバン~それがすべての始まり』という番組を観て、宇宙には始まりがあるように終わりもある…という当然の事実に少し吃驚して、それをAさんに話したんだけど、分かって貰えませんでした。ま、それは私が何も説明しなかったのが悪いので、後々の為にメモしておきますよヽ( ´ー`)ノ

宇宙はビッグバン以来このまま膨張を続けるという説と途中で収縮に転じて一点に還るという説があり…。
→宇宙が膨張を続けると物質の密度は極小になり、やがて生命などが存在できないほどに希薄になる。つまり終わり。
→宇宙が収縮に転じたら物質が再び圧縮され温度が上昇し、高温で通常の物質が存在できない状態に戻る。つまり終わり。

以上はココの文を刈込みました。本当は始めに「終わり」とは何かを定義する必要があるんだけど、まぁ細かい事は気にせずに…。とにかく前者は無とはいえないけれど後者は無といえる状態になるんでないの?という感じです。そもそも宇宙が膨張を続けている事自体が私の理解の範疇を超えていますが…。じゃ、私達はこのぼんやりした状態で太陽系…というか銀河系ごと移動を続けているのか…って話ですよね。そんなの実感できるワケないじゃんね (・ω・)ノ゙
2007.11.11 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/471-c8c15beb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。