上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
銀河劇場にてスタジオライフ『アドルフに告ぐ』観劇。

あー、そうだ、トップにも書いたネタだけど、浜松町駅からモノレールに乗って天王洲アイル駅に行くつもりが、ノンストップで羽田空港まで行ってしまったのですよ…('A`|||)アホ。己の注意力不足を嘆きつつも、やっぱり天王洲アイルって不便だ…と中央線人としては訴え続けたい! …とか言って、ライフは2008年冬も銀河劇場なんだけど…。

以下、役者の話。本日はMutチーム。

松本カミルは少年期の溢れ出る優しさの表現は良いと思う。荒木カウフマンはAHSに入隊してからカミル父を殺すまで辺りは良かったかな…。ただ二人とも成人した時に、外面的にも内面的にも成長していないように見えて、その点が少し残念。つまり端的に言うと人物像が薄い…という事です。
そういえば、仲原君が芳男役で好演してたのが印象的。一見気弱そうな青年だけど死ぬ間際の凛とした雰囲気は在りし日の日本男児の姿を綺麗に表しているかのよう。篠田ベルトハルマーは毎度ながらヤラレ役がとても上手。寺岡カウフマン父は病弱な組織人間を思った以上に好演してた。奥田赤羽は腕っ節が強そうでアヤシイ雰囲気がぷんぷんしている所が良い。それと特別な台詞は無かったと思うけど緒方君の姿がよく目に入った。存在感があるということかな。

あら、主役二人を余り褒めてない…。
今回、若手チームの舞台を観て、早く笠原さんや及川さんや舟見君が帰ってきてくれないかな…と強く思った。これは単に古参ファンの偏見かも知れないけど、若手の役者が舞台の中心で演じていると、全く以って物足りない。厳しい言い方かも知れないけど、彼らに銀河劇場公演の主役を張れる程の力量があるとは思えない(→小劇場ならまた話は違うが)。既に荒木君と松本君は主役級の常連になりつつあるけれど…、そろそろ一度休憩してみてもいいんじゃないかなぁ…。

あ、ヤバイ、ボヤキで終わりそうだ。
「アドルフに告ぐ」自体は、ライフの幅を拡げるという意味でも、ライフの正道を行くという意味でも良い作品だと思いました。あー、できることなら、こういう作品を観続けたいなぁ…。
2007.12.29 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/484-28ac999f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。