上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
品川プリンスホテルステラボールにて『CLUB SEVEN 5th』観劇。

妙に豪勢なライブ会場だね。あの二階席でSalyuのライブを聴けたら楽しいだろうな…なんて思っとりました。毎度の如く事前知識一切なしの状態で観劇したんだけど、このイベントってかなり人気なんだね。そして女性率高過ぎです。実は全くのダンスステージだと思ってたんだけど、途中でコントになって吃驚しました(;゚д゚)ハテ?

既にどんな内容か忘れ気味ですが、当時書いたメモに従って、印象に残ったシーンを思い出してみた。そういや今回もデコ率は高かったですよね、確か。だって私がビジュアル面に関して、全くブーブー言わなかったもの。デコ(・∀・)ビバ!

黄色い鬘と衣装の娼婦の役…ドギツカッタ…けど、ややインパクト弱めなのは何故だろう(→滲み出る品のせいか?)。コントシーンでは全ての会話がミュージカル調になるミュージカル家族>宝塚で鍛えられたせいか意外と違和感ないのは果たして成功か失敗か…。途中では雪女で登場!と見せ掛けて訓示を説く部長になってたり…。ま、その他色々と。

出演者数人が日替わりで即興をする場面ではラッキーにも優里さんが登場。要は無茶振りの世界ですね。「地球征服を目論みつつミュージカル仕様の"だるまさんが転んだ"」という設定を冷や汗ながしながら(想像)一生懸命やってました。いやぁ、優里さん、こういうの苦手そうだよね。

本公演の目玉の一つである(らしい)五十音メドレーは、全体的に知ってる曲が少なくてノリ切れなかった…。だけど樹里さんとの「うたかたの恋」ルドルフ&マリーを観られたのは面白かったよ。優里さんがマリーを演じるとあんな紛い物風味の感じになるのねヽ( ´ー`)ノ

…という感じ。いやぁ、内容を全く忘れている自分に驚きつつ、思い出せる限りで腹抱えて笑ったのはオカマバーのローズマリーと、ヒップホップ家族だなぁ…(両方とも優里さん出てないけどね)。これだけ出演者が全力投球していると、観客も自然と力が入ってしまうのは気のせいかね…。ま、「CLUB SEVEN」自体は楽しい公演ですよね(という無難な纏め言葉で終了)。
2008.03.30 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/506-b0b96ff3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。