上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
日本青年館にて月組『HOLLYWOOD LOVER』観劇。

全く興味がなかったのに、城咲あいがヒロインをやると知った瞬間に乗り気になって観劇です。…にしても、どうしてユーヒ君は花組に組替えなの? 誰か詳しい人に解説して頂きたい今日この頃。
初っ端からネタバレするけど、この話は結局チャードしてやったり!で、正に一人勝ちストーリーだよね。私、リチャード視点でこの話を見るなら結構好きですよ。ま、でも全体としては物語に意志がないというか幾分ぼんやりした印象を持ってしまったけど…。

役者の感想。
おー、シーラ役で五峰サマが出てるじゃん! ああいう一段上の大人っぽさは専科ならではの力かな。舞台上で醸す色合いが祐飛君と似てる気がして結構お似合いな二人。あ、そもそも、シーラ役は"THE LAST PARTY"と繋がってるの?)。憧花ヘッダはあの全編での嫌味っぽさが大変素晴らしい。城咲ローズはローズのキャラが苦手で、結局フィナーレが一番素敵だと思ってしまった…(残念至極)。遼河リチャードは全力を挙げているのに報われない男性の寂しさが良い。 花瀬マギーもやや屈折した気持ちをバランスよく表現してた。美夢カマラは一癖ありそうな雰囲気が良い。大空ステファーノは内に籠る男性の色気みたいなものが感じられた。
2008.01.20 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/524-d35b9566
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。