上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
訂正、『コルテオ~行列~』は良い曲だねヽ( ´ー`)ノ
特典DVDをPCに取り込んだので、とりあえずBGMで流してます。にしても、『砂』のアレンジは聴く度にちょい残念…('・ω・`)

…で、salyu関連の書籍もスルーしがちだったので、立ち読みしてきました。
特に「MUSICA」は内容が濃かったので、後日購入しました。まぁ、読後に購入するのって、あんまり意味がないですがね。

『MUSICA 2008/12月号』

コバタケ氏からの別離の経緯と原因と復縁までの道…のようなモノを赤裸々に語っていた。内容はほぼ予想通り…というか噂されていた通りというのか。諸々の要素は絡んでるようだけど、強者の庇護下にあると一度飛び立ってみたくなるんだろうかね。で、相手の偉大さに気づく。何にせよ、Salyuにとっては貴重な一年だったみたい。更に、あるミュージシャンの先輩から"相手から去れと言われるまで居場所は確保するべきだ"的な助言があったそうで、その先輩(・∀・)bグッジョブ!!…と思いながら、やはりコバタケ氏のもとに帰ってきたSalyuを嬉しく思うファンの私なのですよね。
そんな状況の変化の中で、今まで努力しても痩せなかったのに、スルスルと体重が減っていたそうで。特に無理をしたそうじゃないんで、ココに「Salyu 激ヤセ」で飛んでくる人たちも一安心なのかしら…ね。

ま、それ以外にも密な内容を掲載しているので、Salyuファンだったら、『MUSICA』を読んで損はないと思いますよ。


『WHAT'S IN ? 2008/12月号』

こっちは普通と言えば普通の内容かな。Salyuがする『merkmal』の簡単な全曲解説があるので、面白いっちゃ面白いかも。
選曲はSalyu自身がやっていて、最初と最後の曲のエピソードは結構色んな所で喋ってる…かな。一曲目の「01.プラットフォーム」は分岐点にいる自分とのシンクロしていた曲だという拘り。ラストの「14. グライド」はリリイの頃の曲、つまり原点で終わりたい…という気持ちみたい。
3rdアルバムは製作環境が変わった変わったことで練り直しをしているらしい。けど、自身が前向きな状態なので、期待していいよヽ( ´ー`)ノという感じで書いてあった…かな。


まだまだ他の雑誌にも登場するようなので、体力あったら立ち読みしてみます…そして気に入ったら買います (・ω・)ノシ

2008.12.06 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/540-e2f3008f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。