近江楽堂にて『小部屋ライブ 2008年のキャロル』。

120人という狭き門でしたが、無事にチケット取れました。宝塚に遅刻しそうになりながらも粘った甲斐があったというものです。チケットの神様、ありがたやありがたや(-∧-)


01:風よ吹かないで
02:ツバメの唄
03:朝が終わる前の花
04:明日になれば
05:ルビー(新曲)
06:渡り鳥の3つのトラッド
07:木漏れび
08:秘密
09:妖精のうた
10:しずくのカーテン
11:クリスマスメドレー (Jingle Bells , The First Noel , Ding Dong Merrily On High)
12:雪のワルツ
13:裸の王様
14:鏡の中の絵描き
15:聖堂の隅で
16:長い冬
17:明るい新曲(仮)
18:シャガール(仮)
19:レクイエム
20:キルト
E1:きよしこの夜
E2:2008年のキャロル
E3:When She Loved Me


以上セットリスト。同行者と二人掛かりで確認した割に、他人様の感想ブログを見たら抜けがあったりして…。まぁ、なので、たぶん間違ってないはずだけど、仮に違いがあってもご容赦下さいね。

いやー、20曲以上演奏してますよー(・∀・)! シオーネ、スゲーね。

ここ最近ご無沙汰だった「02:ツバメの唄」も嬉しかったし、「06:渡り鳥の3つのトラッド」の厳かな感じも、「07:木漏れび」の爽やかさも、「09:妖精のうた」の儚げな導入部も、「10:しずくのカーテン」の力強さも、少し時季外れの「11:クリスマスメドレー」も和やかで、「18:シャガール(仮)」はグローブ座より安定していたし、「20:キルト」は澄んだ高音部の美しさ、「E1:きよしこの夜」の変化球替え歌も、「E2:2008年のキャロル」の中堅宣言も…、…どの曲も甲乙付け難く全て楽しくて素敵だったよーヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

相変わらずMCも飛ばしていてテキトーな事を沢山言っていたのだけど、初っ端から金持ちになりたい的なお金に纏わる話をしてみたり、「08:秘密」に絡めて日本で一番秘密ができないと言ったり、慣れないメジャー仕事のティンカーベル宣伝の苦労話をしたり、青弦さんを冗談気味にからかったり…、ま、そんな感じで終始和やかな雰囲気。

近江楽堂は120人程度を収容できる礼拝堂風の静謐な空間で、小部屋ライブに相応しくマイクを殆ど通さない生音に近い状態での演奏でした。至近3m程とシオーネとの距離も近く、明日館以上に間近にシオーネの歌声を楽しむコトができました。また今回のサポートはアイリッシュハープ・吉野友加さんとチェロ・徳澤青弦さんの御二方。二人の演奏が素晴らしいのは言わずもがなですね。 

ま、そんな感じで、今年最後のライブは終わりました。来年のカルザスホールは日程的に行けないので、暫くシオーネのワンマンはないのかしらね。残念無念。また来年も素敵な場所でシオーネの歌声に浸りたいもんです(。・ω・)ノ゙
2008.12.27 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/544-57ef81a4