上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
新宿コマ劇場にて『愛と青春の宝塚-恋よりも生命よりも-』観劇。

最終公演にて、初コマ劇場です。
いやー、コマ劇場って、オモシロねー(・∀・)! 半円形舞台でドコからもほぼ見切れない構造で、レビューショーにこれだけ相応しい劇場もないんじゃないかって作り。こういう面白い形の劇場は是非とも残して欲しいものだけど…、老朽化なら仕方ないのかね。

で、「愛と青春の宝塚」。ドラマを観た時も思ったけど、この作品はとにかくタイトルで損をしているよね。タイトル聞いたら、絶対( ´,_ゝ`)プッっとなるもの。だけど、それを押して観ると、思った以上に良い作品だったりするから困るのですよ。
ドラマ版は死体が舞台で踊ったり…というトンデモ設定が許せなかったのだけど、舞台版はそんな無理もなく、程好いエピソード構成の良い脚本でした。そして鈴木裕美の演出は丁寧というか、観客のツボをよく分かってるというのか…、そんな上手さのある演出。なので舞台観劇では涙腺が強い私も一時は泣きそうになりました。

そして何を措いても、彩輝のサエちゃんに萌え萌えですよーヽ( ´ー`)ノ。タッチー(橘伊吹)は少年っぽい風貌から始まって、小生意気な中盤等など、とにかく可愛いったらありゃしない。あれで飯三杯はいけますね。紫吹リュータンも女性らしかったけど懐深くて頼もしい感じだったし、他の宝塚出身者達の頑張っている姿も観られたし、往年のファンにとっても嬉しい舞台。

肝心の優里さんは、愛称トモの星風鈴子役。ドラマ版は中谷美紀嬢が演じた役。人一倍気が強く実力もあるのだけれど、実は身体的に弱点があり…という設定。優里さんは優等生的な印象があるのだけれど、舞台上での押しの強さも手伝って、非常に真面目で真っ直ぐな星風鈴子だったなぁ…。戦時中という設定だけにモンペ姿やセーラー服やおさげ姿、また当初は男役志願ってコトで短めの髪だったり…と普段は見られない格好もあったので、そういう意味でも面白かった。あとラインダンス等でサエちゃんと並んで踊ってると、同期故か妙に微笑ましかったりする。後は…特攻兵とのキスシーンなんかもあったりしたようだけど、下手側で観劇した私にとっては何がなにやら…って感じでした。

ま、簡単だけど、以上が今回の感想。
諭吉超えの観劇料は有り得ないけれど、それ相応の感動を抱ける舞台でした。これから大阪や全国を回るようだから、値段に躊躇している方も是非観てみるといいと思います。想像している10倍は良い舞台だと思いますから。油断してると絶対泣く。
2008.12.21 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/545-410d2635
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。