上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
日本武道館にて『Salyu Tour 2009 Merkmal』。

スカスカかと思いきや、なんとほぼ満席だったー! "Tower"で初めて照明が客席に向いた時、観客のみっしり具合を見てじんわり感動。以前、神奈川県民ホールの満席っぷりにも驚いたけど、武道館ってその比じゃないよね。いやー、立派立派。一ファンとして素直に嬉しいです。
そんでチケット到着時にブーブー文句を言っていた私の座席は1F西スタンド、つまりステージの真横。遠からず近からず。アリーナを見下ろし、東側スタンドを眺め…と全体を見渡せる位置。そういや、近くに一青っちがいたなぁ…(似た人かも)。


01:呼吸-前奏曲-
02:回復する傷
03:プラットホーム
04:be there
05:彗星
06:Tower
07:飛べない翼
08:飛行船
09:エロティック
10:name
11:遠い海 夜の出会いに
12:Sight (Instrumental)
13:砂
14:光りの束
15:再生
16:landmark
17:Dramatic Irony
18:VALON-1
19:to U
20:I BELIEVE
21:コルテオ~行列~
22:グライド
E1:トビラ
E2:HALFWAY
E3:風に乗る船


以上、セットリスト。※間違いがあったらご指摘下さい。
Salyuが直接歌ってない曲も含めたら、なんと25曲っすよーヽ(・∀・)人(・∀・)ノスゲー!

デビュー10年の節目的意味合いの強いツアーだけに、リリイ時代から現在まで満遍なく選曲。聴き込んでない人には取っ付き難い感も無きにしも非ずだけれど、私は懐かしさも込みで大満足。充実の二時間半。チケット代以上の価値でした。

特にSalyuの歌声が、こんなにも拡がるなんて思っていなかった。あのデカい武道館の空間を充分に満たしていて、演出の力も込みだろうけど席が悪くても引き込まれ度は高かった。まぁ、時々音を外したりタイミングを間違えたりするのだけれど(特に「E1:トビラ」ね…←可愛いっちゃ可愛いが) 、それでも記念公演的なテンションの高さで伸び伸びと自由に声を発して動かしていたという印象。

今回はどの曲が良かったというよりは、全曲で一つのパフォーマンスという気もしないでもないんだけど、「07:飛べない翼」 ~「09:エロティック」のリリイ三連発にはやられたかも。初期の曲という、熟練した世界観が確立されていたからかね。そして新曲で初披露の「E2:HALFWAY」の完成度の高さに吃驚した。高音で流れるような曲なのに、いとも簡単に(聴こえるように)歌いこなしているんだもんね。スゲー。そしてラスト「 E3:風に乗る船」はやっとみんな立ったー! 最後だーッ! という昂奮と開放感みたいな感覚が相俟って 自分の中でかなり盛り上がった。やっぱりライブは立った方が楽しいねー(アリーナはもっと立てば良かったのに)。

そしてサポート陣も盤石。Salyuが一番安心できるメンバーを選んだよう。ドラム:あらきゆうこ、ベース:北田万紀、ギター:名越由貴夫、ギター:清水ひろたか、キーボード:SUNNY、コーラス:山口ヒロコ、チェロ:ロビン・デュプイ。印象に残ったのはSUNNYさんのコーラスと、あらきさんのドラムと、ロビンのチェロかなぁ…。ま、とにかく素晴らしかったです。

Salyuの様子は、黒髪ボブ鬘に後ろの長い白いドレス。途中、衣装替えがあって、蒼い衣装に替わってたかな。遠くてよく分からんです。インターミッション風とはいえすぐ始まるのに観客が離席したのにはやや吃驚。そして、MCは極力フツーのフリートークは排除して、語るべきことを語ろうという場のよう。歌手への道のりや何やら、自分の信念みたいなもの…かね。一転、アンコールのMCでは物販宣伝…特にTシャツを奨めていた。そしてメンバー全員でそのTシャツを着ていたね。

あれ、言いたいことはもっとあるような気もしつつ、ま、でも、こんな感じ。日にちが経ってから書いているせいか、少し落ち着いた感想になったかも。終了後の勢いで書いたら絶対にもっと長くなっていたはず。つまり、それぐらい素晴らしいライブだった!ということですね。武道館ライブを成功させたことで、salyuはもっともっと大きく成るであろう可能性をファンに見せてくれたワケで、あー、この人の歌を聴き続け(見続けて)いたいなぁ…と思いました。

予想通り追加された最終東京公演には、もちろん行きますよー

----------------------------------------------------------------------------------------

以下は、苦言というよりは少し気になったこと。
一つは毎度ながらコーラスの話。ヒロコは高音が強い歌い手なんだろうね。でもだからこそ、高音でコーラスするとSalyuの声に被ってしまうんだよね。補ってこそのサポートなのに残念だね。曲によってはいい効果を出していたから、やっぱりアレンジ一つで印象って変るんだなぁ…と思った。ま、だからこそ「15:再生」はやっぱり論外なんですが。
それからもう一つ、アンコールは観客の皆さんやる気ないんですね。まぁ確かにアンコールがないわけはないんだけどね、それでも再びsalyuの歌声を聴きたい気持ちが少しでもあるなら拍手はするべきだよなぁ…。


(すんません、ちゃんと文章を見直してないので、あとでちょっと変わるかも)
2009.02.12 Comment:9 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/561-3429ae29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。