今更ながら、Salyuの出演番組の感想や内容をメモ(其ノ弐)。
今回は「コルテオ」発売の頃。大型のサリュ特番なんかは第三弾で。


○12/3 CX『プレミアの巣窟』
 「コルテオ」の解説コメント。命について穏やかに冷静に考えられるテーマを持った作品。Salyu自身も考えさせられた。MCの天野氏のついてのコメントは「……」。

○12/6 TBS『王様のブランチ』
 インタビュー。インタビュアーのカラオケで歌うのが難しいとの発言に対し、コバタケ氏が作る曲は難しく、Salyuでさえ大変。「to U」や"apフェス"で大物アーティスト達と競演した時の緊張感、学んだこと、受けた刺激…等の話。

○12/8 CX『めざにゅ~』
 インタビュー。先ず自分がハマった歌を紹介。荒井由実「MISSLIM」。時々スゴく聴きたくなる大切な一枚。荒井由美は唯一無二の表現を持ち、真似るコトも出来ない存在。尊敬している。
 歌は自分探しの手段。更に最近は、音楽の芸術としての素晴らしさを考え、届けて行きたいという意識が加わってきた。音は空気。歌手は空間を震わす職業。その言葉にできな何かをライブで共有したい。ポップミュージックに対する思い、コバタケ氏曰く「開かれた作品」。
 
○2/8 TBS『COUNT DOWN TV』
 コメントとコルテオライブ。大切な人と一緒に聴いて欲しい…と思ってる。salyuの黒髪と白い衣装と装置の赤い花々が素敵に合ってる空間だ。安定した歌声。相変わらずカットされているけれど、そこまで違和感ないかな…(どうかな)。にしても、コルテオは良い曲。

○2/13 CX『とくだね!』
 コルテオライブとコメント。9:30なんて超朝っぱらから完璧な歌声。この時間帯の視聴者層は、Salyuのファン層とは離れているだろうけど、少しでも拡まってくれればいいなぁ…。小倉氏から癒される歌声だと絶賛。武道館は緊張感があったが楽しめた。ツアーはハードだけど楽しみ。

○2/14 NTV『音楽戦士MUSIC FIGHTER』
 コルテオの解説とコルテオライブ。シルク・ド・ソレイユの説明をsalyu自ら。この曲はサーカスの躍動感と漲る生命力を反映したいという気持ちで歌う。

○2/20 NHK『MUSIC JAPAN』
 コルテオライブ。シルク・ド・ソレイユの紹介映像から即ライブ。コルテオは安定しているから、ライブ聴いてても安心感があるね。

○3/3 CX『歌った!笑った!涙した!元気のミナとも感動SP』
 ライブ前のコメントと、コルテオライブ抜粋。「バレンタインだしピンク色の感じで」。黄色のミニスカで着席で歌ってた。ちょっと珍しいスタイルだね。


ふへー。疲れた。出演番組を完全に捕獲しきれてないハズなのにこのボリューム。
タイアップ付いているお陰なのか、しっかりプロモーション活動をしていることは嬉しいことですね。特に「めざにゅ~」の荒井由美に対する思いが溢れ巻くってたインタビューは面白かったよヽ( ´ー`)丿
2009.04.04 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/566-0b89b3e5