渋谷C.C.Lemonホールにて『Salyu Tour 2009 Merkmal 追加公演』。

…ということで、追加最終公演です。
ちょっとナンバリング変えましたが、以下セットリスト。

OP:呼吸-前奏曲-
01:回復する傷
02:プラットホーム
03:be there
04:彗星
05:Tower
06:飛べない翼
07:飛行船
08:エロティック
09:name
10:夜の海遠い出会いに
IN:Sight ( Instrumental )
11:砂
12:再生
13:landmark
14:Dramatic Irony
15:VALON-1
16:to U
17:I BELIEVE
18コルテオ~行列~
19グライド
E1:トビラ
E2:HALFWAY
E3:風に乗る船
E4:Dialogue ( with小林武史)          ※OP=OPENING , IN=INTERMISSION , E=ENCORE

ダメ席だったせいで、陶酔する程の感動はないのだけれど、ま、それでも良いライブだったなーとは思った。
「OP:呼吸-前奏曲-」はたぶん録音で、本当の初っ端である「01:回復する傷」で先ずKOされてしまった。リリイ曲は今後暫くやらないだろうと勝手に決め付けているので「08:エロティック」も感慨深い。普段は聴かないけど「10:夜の海遠い出会い」はライブでこそ曲の良さが遺憾なく発揮されるのだと思う。「11:砂」は好き過ぎてライブで演奏してくれるだけで嬉しくなる。「E2:HALFWAY」みたいな曲を軽やかにサラッと完璧に歌いこなすSalyuはやはりスゴイ歌い手。

MCはなに言ってたかなー。沢山喋ってたけど忘れた。「E2:HALFWAY」の前振りで、"10代には戻りたくない"とか言ってて珍しくそれは同感だなーと思った。あとはよく行く喫茶店グリコ(仮称)でのマット交換員の爽やかエピソードとか…。物販は各所でモコモコタオルを推していたら完売したらしい。そしてタオルを客席に投げようとして投げないSッ気たっぷりなSalyuでした(いや悩んでたけど)。

そしてアンコール後、巨大花束を抱えたSalyuに"ゴッドファーザー"と呼ばれ、なんとコバタケ氏が登場した。会場の盛り上がり最高潮。何だかんだとみんなコバタケ氏が好きなのだねー。そして更にサプライズ。コバタケ氏の伴奏で「E4:Dialogue」を演奏。出来が抜群かというと、やはり鬼門的楽曲だけに(歌詞も忘れたし)完璧ではないのだけれど、それでも久々の「Dialogue」は心に響くモノがあるのだね。うむー、これを聴けただけでも今回は行った甲斐があったというもの。

ま、そんな感じ。
武道館の衝撃が強くて、ツアーはあれで終わったような気がしていたんだけど、当然ながらこっちが最後(→コバタケ氏登場でやっと思い出したような。ドドンとした記念イベント的ツアーという感じで、今迄とはやや違うスケールの大きさを楽しめましたよー(・∀・)!


以下、どうでもいい話。
・ライブ中にSalyuの歌声を比喩で表現しようとしたが…、伸びやかで、滑らかで、振幅が大きく、多重的で、豊かな声量の…と考えていて、それはつまり饂飩みたいなモノなのかという連想。うーん、饂飩みたいな歌声。即、却下か。
・Salyuの話は含蓄(オチ)がありそうでいて実は余りないな…と思いがち。なのでトークは短めの方がいいのではないかと思う今日この頃。デビューまでの道程話は、二度目というコトを差し引いてもサスガに長す…(以下略)。だって、進行のテンポが悪くなってしまうじゃないですか。
・抑止の為だろうけど録音撮影禁止のアナウンスが強力になってた。どっかで流出したんすかね…(・ω・)?
・コーラスについて他人様の感想を読んでいると歓迎派も沢山いて少し驚く。音に対する感じ方というのは様々でオモシロイなーと思いつつ、やっぱり私は最後まで否定派なのでした。
2009.05.15 Comment:7 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/571-7423d524