上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
紀伊國屋サザンシアターにて『心霊探偵八雲』観劇。

ライフのオノケンも出ているし、暇だったので…、観てきました。
ネガティブなコトは書かないようにしたいんだけど、うーん、良かったトコロか…。………。そう、決して悪くはないんだなー。話だって纏ってないことはないし、出演者の見栄えもいいし…、うむうむ、でも面白くなかったのだよね(あ、言っちゃった)。

観劇中は、とにかく、とっとと犯人出て来なさーい!というモヤモヤが胸中を支配する。
いや、犯人が誰かは直ぐ分かっちゃうんだよ。だって設定的にも外見的にもあの人以外いないんだもん。でも物語は最後まで犯人を明かさず…、その部分で物語を引っ張ることが出来ないのに引っ張り続ける。それが何より致命的。主人公が言い放ってしまったように、本当にあれは茶番劇っぽい。

それと初日だったせいもあるのか、出演者がこなれてないようで…、全体的に熱意が空回りしているようだった。いや、あれは二時間ドラマ的なとんでもない役設定が全て悪いのかも知れないけれど。

まぁでも、あれを楽しめなかったのは、単に私が出演者や原作や音楽や何やらに拘りがない上に、席も大して良くなかったせいなのかも知れない(・ω・)ノシ
2009.06.19 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/576-a356e45e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。