上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ビルボードライブ東京にて『Salyu Billboard Live』。

いやー、良いライブだったー。真面目にチケット取りして本当に良かったよ(→先行では撃沈しましたが)。だって演奏を聴いている間中、ずっと、仕合せだなー楽しいなー(ラクチンだなー)と思ってたもの。モーションブルーのとき同様、もっともっと多くのSalyuファンが聴ける環境だったら良かったのにね。
でもSalyuはこういう形式のライブを続けたいと思ってるのだろうし、コバタケ氏も似たようなことを考えているようだし、チケット争奪戦もまだまだ続くのかなーと思うと、多少気持ちが萎えてしまいますね。


01:be there
02:Nothing Compares 2 U (by Sinead O'Connor)
03:messenger
04:emergency sign
05:夜の海遠い出会いに
06:landmark
07:イナヅマ
08:コルテオ
09:I-アイ-
10:Lilac Wine (by Jeff Buckley)
E1:LIFE


事前にセットリストを見てしまったせいか低めの期待感で臨んだのだけど(あんまり好きな曲がなくてね)、最終的には、自分はSalyu達の奏でるこういう音楽が好きなんだなーと思うに至ったのでした。Salyuはロックなツアーより、こういうシンプルな構成での演奏を全国各地でやるべきだとすら思うのだけどね。
で、毎度ながらぼへーと聴いてたので、感想らしい感想はないのだけど、どの曲も新しいアレンジで、その完成度も高かったと思うよ。『05:夜の海遠い出会いに』は少人数でも遜色なし。『06:landmark』は久々で懐かしい。 『07:イナヅマ』と『E1:LIFE 』はライフ栄えする曲なので楽しい。でも、今日のベストソングは沁み沁み聴かせた『08:コルテオ』なのでした。

Salyu の言動で印象に残ってるのは…、こんばんはーと至極フツーに登場するSalyuとか…、冒頭で気にせずお食事楽しんで下さいねとしきりに勧めてたこととか…、アンコール手前でお腹空いたと呟きつつ昨日ビルボードで食べたサーモンソテーかなんかが美味しかったと言ってたこととか…、明日「LIFE」発売のアナウンスが公式サイトであるとか、そのビジュアルが結構スゴイとか…。ま、そんな感じかね。
サポートメンバーは名越由起夫、清水弘貴、あらきゆうこ、ロバン・デュプイの各氏。皆さん、相変わらず素敵な演奏でした。そういや、階下にどうも態度のデカイ(オーラの違う)客がいるな…と思ったら、コバタケ氏でしたよ。「07:イナヅマ 」を楽しそうに聴いてたなー。

今日のライブのお陰で、萎んでいたSalyuモードが少し復活しました。新曲は飛び切りの名曲ではない(と思う)けれど、ライブ等で素直に楽しめる曲なのでCD発売にもほんのり期待している今日この頃でーす(・ω・)ノシ


--------------------------

以下どーでもいい話。

・食事付ライブの開催意義には疑問を持ちつつも、今後もこういう形式でライブがあるなら、次もビルボード希望。終電気にしないでいいし、チケットの取り方も何となく分かったし、座席システムも悪くないし、サービスも悪くなかった(ような気がした)から。
・5階席だったけど、ラムコーク入のグラスがSalyuの歌声に共振して震えてた。それに触れながらのライブもまた妙に楽しい。
2010.06.17 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/643-dcefadac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。