中野サンプラザにて『 Lily Chou-Chou LIVE "エーテル"』。

いやー、凄いライブだったーヽ( ゚∀゚)/
Lilyの延長にSalyuがあってSalyuの根幹にLilyがある…と証明したかのようなライブでした。
ここ最近のライブの中では飛び抜けた出来だったと思う(最近Salyuへの熱意が足りない私がいうのもなんですが)。小林武史というプロデューサーが携わるだけで、舞台上での世界観がここまでの高みで構築されるとは驚きです。私はコバタケ氏によってこんな風に制御された(悪い意味の制御じゃなくね)Salyu=Lilyが好きだったのだと久々に実感したよ。

01:共鳴-空虚な石-
02:愛の実験
03:飛行船
04:飽和
05:エロティック
06:再生
07:アイアム
08:鏡
09:夜の海遠い出会いに
10:プラットホーム
11:アラベスク
12:砂
13:landmark
14:My Memory
15:飛べない翼
16:回復する傷
17:エーテル
18:グライト

Lily曲で埋め尽くした序盤…「04:飽和」「05:エロティック」等のLily曲は新鮮でもあり懐かしい。Lily時代からあったという「06:再生」では最初から最後までSalyuの歌声を堪能。そして中盤…「07:アイアム」以降から連発されたSalyu曲に(;゚д゚)ポカーン…と戸惑いつつ、「12:砂」の神曲っぷりに心奪われる。そして終盤…「14:My Memory」から「17:エーテル」へ圧巻の流れ。初披露の「17:エーテル」はSalyuという歌い手の底知れぬ力を見せつける。また何の前情報もなかった新曲「14:My Memory」はSalyuでもLilyでもない新しい力を予感させるような出来栄え。
歌い方は10年前のLily Chou-Chouとは当然のように違うのだろうけど(往年のLilyファンがそういって喧嘩腰になるなら、初期Salyuファンの私は6年前のSalyuとも全然違うのです('・ω・`)と訴えたい所ですが…)、力強く底の遠い深みのあるような稀有なあの歌声を、否定できる人なんているんですかね。

本日の演奏は…、Vo.Salyu、Key.小林武史、Gt.名越由紀夫、Dr.椎野恭一、Ba.北田万紀、Key.アダチレンの各氏。LilyであるSalyuは腰まで届く黒髪で真っ黒なドレス姿。全編一言も喋らなかった。Salyu色を排す為にMCナシは予想していたけど曲間まで無くしてしまうとは…、拍手なんて最後しかしなかった(出来なかった)。Salyuも極力動かないよう意識しているのか、曲間などでは壊れた人形のように静止していた。…いやぁ、私、こういう如何にもな演出は大好きですよヽ( ´ー`)ノ

そして映画の如くエンドロールが流れる中、最後に"See you soon, not so far..."の一言。
ここで再び(;゚д゚)ポカーンですよ。あれー今夜限りじゃないのかよーヽ(`Д´)ノ!!!という至極真っ当なツッコミを客席でしてました(きっと他の人もしてたよね)。カメラが何台も入っていた事で何かしらでの映像化は決定済み。そして新曲「My Memory」と「エーテル」を含めたアルバムかなんかを発売するのかね。私が想像できるのはそんなもんです。何にせよ「My Memory」がもう一度聴けるなら、そりゃ幸せですよ。

往年のリリイファンの思いなんかについても書こうかな・・・とか思ったけど、あんまり書くと諄くなるのでこの辺にしておきましょうかね…。いやー、それにしても凄いライブだったーヽ( ゚∀゚)/(二回目)。

--------------------------------------------------------------

以下、どーでもいい追記。
記念に買ったUSBでも確認するか…とPCに差し込もうとしたら…、入らないんですけどーヽ(`Д´)ノ!!!!!
リリイマークの部分が無駄に大きいせいか、角度的にウチの愛用PCには入らないようです…。
↓これで限界…、酷い話だ…orz
gakkari.jpg

…と昼間騒いでいたら、裏側からさせばいいんじゃないですか?というアドバイスを貰いました。ああ!そうかー!
2010.12.16 Comment:4 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/671-7ea2677b