大阪umeda akasoにて『湯川潮音ライブ Performance2011 "クレッシェンド"』。

チケットを手に入れてから、礑と、日程的に行けないことに気づいてしまったのでした…orz。うへー。ちょっとだけ苦悩した。まぁ、結局は胃の痛みを堪えながら行ってしまったのですが…。

01:緑のアーチ
02:Turn! Turn! Turn!
03:風よ吹かないで
04:深夜高速
05:ルビー
06:When She Loved Me
07:ヒーロー
08:ロンリー
09:Lover's Dart
10:電話のむこう
11:どうかあしたは
12:五線紙ソング
13:No Surprises
14:ここから見る丘
15:終わりのない物語
16:ダイス
17:愛に帰ろう
E1:逆上がりの国

スゴイ。シオーネ達、神々しかったよ。近年の集大成というか…近年のライブで一番密度の濃い時間でした。「クレッシェンド」からは勿論の事、シオーネ自身が節目と思う曲を途中に鏤めていて、何とも感慨深い内容。
もう本当に本当に楽しい時間で、終わるのが勿体ない…とはこういう事をいうのだなと終始思ってた。

タイトル通り、演奏者さえもクレッシェンドする構成。…G:山本タカシ、Key:エマーソン北村、Dr:千住宗臣、B:鈴木正人、Cho:アッキーの順番で演奏に参加。徐々にヒートアップするステージ。
今回は特に千住氏のドラムが格好良かったのと、アッキーの寄り添うような歌声サポートも光ってたなぁ…。いや、勿論、他の方の演奏も最高なんですけどヽ( ´ー`)ノ

最後はWEGライブからの影響か(とつい思ってしまう単純な私)、ラジカセ音と共に無言フェイドアウト。非常に拍手しづらい。…が、客席も頑張ってアンコール拍手でシオーネ再登場。物販案内を可愛くしてました。そして「E1:逆上がりの国」。またその後にもダブルアンコールが掛かったのだけど、曲は用意していなかった模様。ちょこんとシオーネが出てきて、"また大阪きます"と一言二言挨拶をしていきました。

大阪の客層は若い女性が多く、一昔前の東京ライブのようで妙に懐かしい。会場のこじんまりさ加減も、私のシオーネワンマン初体験時に似ていた気がして更に懐かさが増加したよ。うむ、今回は無茶な日程だったけど、大阪まで行くことができて本当に良かったよヽ( ´ー`)ノ


2011.02.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/688-1ff0a01b