SHIBUYA-AXにて『湯川潮音ライブ Performance2011 "クレッシェンド"』。

遂に渋谷公演。旅立つシオーネを泣きながら見送る…つもりだったのですが、当日昼に明日館ライブ情報を得ていたのです…。

01:緑のアーチ
02:Turn! Turn! Turn!
03:風よ吹かないで
04:深夜高速
05:ルビー
06:When She Loved Me
07:ヒーロー
08:ロンリー
09:Lover's Dart
10:電話のむこう
11:どうかあしたは
12:五線紙ソング
13:No Surprises
14:ここから見る丘
15:終わりのない物語
16:ダイス
17:愛に帰ろう
E1:レクイエム
E2:逆上がりの国
E3:The Water Is Wide

背景が雲になったり空になったり月夜になったり…、ライブ自体が余りにも浮世離れしていたのか、シオーネ達が奏でる音楽にぼやーと身を委ねてしまった…。うむー、幸せ。
シオーネは歌に感情を乗せないとどっかのインタビューで話していたけれど、いや、逆に今回のツアーはとても情感豊かな歌声に感じた。「04:深夜高速」「13:No Surprises」「E3:The Water Is Wide」辺りなんて、声の響きが切な過ぎて泣けてきた(泣いてないけど)。それと初っ端「01:緑のアーチ」では最後でいきなり歌詞を変えていてやや吃驚。
アンコールは大阪と演出が違うとは思わず、アカペラの「E1:レクイエム」には昂奮した。シオーネ達の歌声が美しくて、ここは天国か(゚Д゚≡゚Д゚)!!!???と思ってしまいがち。そしてラスト、私も最後までダブルアンコールを要求した一人なのだけど、諦めた矢先に「E3:The Water Is Wide」が聴けて嬉しかった。シオーネの気持ちと行動に敬服。最後の歌詞を少し変えていたようだけど、シオーネが歌った意味はどういうことだろうね…。…まぁ考えても答えに辿り着かないのが少しもどかしいですが。

MCは大阪とほぼ一緒で…、羽根で飛んできた、普段の過ごし方、公園オール、ハム×ソーセージの争い…等々。まぁ内容は少しぐらい変えてくれても良かったけど…。衣装も大阪と同じ。カントリー調の羽根を背負ってましたが、各所で天使のようだったと話が出ている通りとても可愛らしい。
それと私の座席の前方にシオーネのご両親かな…と思えるお二人がいたのだけど、そういうのも含めて今日は特別な日なのかな…とライブ中に考えてしまった(雑念気味ですが)。

来月の明日館ライブを急遽決めたシオーネ。どうにも歌い足りないという彼女の思いは何となく伝わってくる気がするのです。だって湯川潮音は歌い手として今が最高の状態だと思うから(→別にこれから落ちるって話じゃなくね)。現時点でさえこれだけ完璧に近い素晴らしいパフォーマンスが出来るのに、それでも尚、旅に出ようとするシオーネを、私は流石だと思うのです。やっぱり湯川潮音は私の想像の斜め上を行く存在なのだよなぁ…。早く大きくなって戻ってきて欲しいな…とずっと願ってます。(まだ旅立ってさえないけど)。


2011.02.22 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/689-58ac03f8