中野サンプラザにて『salyu×salyu tour s(o)un(d)beams』。

会場着いて、パンフ買って、座席へ行ったら、思いっ切り端っこの席でした…(比較的前方席ではあったけれど)。端席って取り残され感が無きにしも非ずだよね…なんてことを思いながら、やや不安のライブ幕開き。

01:It's a Fine Day (Jane)
02:ただのともだち
03:muse'ic
04:Sailing Days
05:心
06:歌いましょう
07:ANGYALOK ES PASZTOROK-天使と羊飼い-
08:グライド
09:レインブーツで踊りましょう
10:s(o)un(d)beams
11:Hostile To Me
12:新しいYES
13:Mirror Neurotic
14:奴隷
15:続きを
E1:HALFWAY
E2:to U
E3:Hammond Song (The Roches)

「01:It's a Fine Day」は何処かで聴いたことあると思ったら、湯川潮音が1stアルバムで歌ってたヽ(・∀・)人(・∀・)ノという奇遇感。「05:心」は以前もライブで聴いた事があるせいか体感良く馴染み易く、salyu×salyuの中では一番好き。中盤で唐突にリリイの「08:グライド」が…、リリイ復活ライブも同じ中野サンプラザで、しかもグライドは録音だったので、良くも悪くもそのリベンジみたいに思えてしまった。「12:新しいYES」のアレンジはどうも居心地が悪く普段の方が断然好み…。そしてその後のMCで"立ってみよう"とSalyuが言うので以降は半強制的に起立。まぁ確かに疲れない程度ならライブは立った方が楽しい。なので「13:Mirror Neurotic」も良かった。「E1:HALFWAY」「E2:to U」は当たり前だけど安心感があるな…と思う。

今回のサポートはG.高井康生、Dr.ASA-CHANG、B&Key.鈴木正人、Ch.山崎恵利子、Ch.山口裕子、Ha&Cho.木村圭見の各氏。鈴木正人さんはシオーネのライブサポートもしていたから、連続でお目に掛かったということか。再びの奇遇感。

で、冒頭にも書いた通り、端席だったせいなのか何なのか、私の中での盛り上がりは然程でもなかった…かな。僅かに漏れ聞いた前評判が良かったので期待が大きかったのも一因かも…。確かにSalyu達の歌声はスゴかったし素晴らしいハーモニーだと思ったのだけれど、それと心を動かされるというのはまた別問題なのだよね。それにライブの途中途中でSalyuやLilyの曲を聴くにつけ、この路線が本道だろうと思ってしまったのも事実。salyu×salyuの実験的で挑戦的な楽曲も良いとは思うのだけれど、どうにも私には間道に思えてしまうのだね(まぁここら辺は好みの問題なのでしょうが)。うーん、次の新曲はどの名義で出してくれるのですかね…>できればSalyuかLilyでよろしくお願いしたところです。

うむー、真面目に書こうと思ったんだけど、あんまり書けてないな…。まぁこういう気持ちなのかも。
あぁ、それとパンフのオマケに付いていたCDは、是非ともこれだけで売って欲しかったわ。Salyuの容姿に特段興味のない私としては、音源を得た後はついどっかに放っておいてしまいがち…('・ω・`)スンマセン
2011.05.10 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/702-63ad427d