上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
Zepp Tokyoにて『salyu×salyu -話したいあなたと-』。

少々時間が経ったので、簡単な感想でも。

…にしても、今回は整理券番号が相当悪くてね…。まぁ、私みたいな人間がスタンディングで前方に行っても仕方ないので構わないとはいえ、それでもオフィシャル先行で1000番台を超すと萎えてしまうものですね…('A`|||)

01:overture
02:ただのともだち
03:muse'ic
04:Sailing Days
05:Our Prayer~Heroes And Villains(by The Beach Boys)
06:レインブーツで踊りましょう
07:s(o)un(d)beams
08:Hammond Song
09:話したいあなたと
10:奴隷
11:続きを
E1:Mirror Neurotic
E2:Calling [with 青葉市子&EGO-WRAPPIN'](by YOKO ONO PLASTIC ONO BAND)
E3:May You Always(by Lennon Sisters)

今回は私が知らない曲を結構やったので、当初セットリストが埋まらなくて困ったわ。後出し情報で埋めてみたけれどこれでも抜けがありそう。「E2:Calling」なんて、あんな曲に曲名があることすら吃驚ですよ(無知)。

salyu×salyuの音楽を聴くにつけ、どうしてSalyu単体で歌わないんだろう…と思う反面、salyu×salyuでしか聴けない音楽があるからこれはこれで良いんだ…と考えたりする。だからライブ中の胸中は少し複雑な感じ。素直に楽しめばいいのだけど、そうできないのが"Salyuファン"の微妙な心理なのかね。
ライブ自体は今回も当然のように素晴らしい歌声で、salyu×salyu四人の息と声が合った隙の無いステージ。終始、すごーい(゚д゚) とボーっと眺めて聴いておりました。特に「09:話したいあなたと」をフルで聴けたのは楽しかった。やっぱりこの曲は好き。

横須賀公演では最後のアンコールでSalyuは落涙したとのこと。彼女なりにこのプロジェクトへの思い入れは相当なものだったのだろう…と解釈しているのだけれど、今後もこのスタイルで歌う機会はあるのかね。山崎恵利子さんのブログを読むとなさそうか…。うむ。無いのだとしたら残念だけど、でも、有るのだとしたらSalyuと折り合いをつけていくのは難しそうだなぁ…('・ω・`)


最後に本日の演奏メンバー。
salyu×salyu:Salyu、山崎恵利子、山口裕子、木村圭見。
Gt&Ba:小山田圭吾、Dr:ASA-CHANG、Key&Ba:大野由美子、Gt:高井康生。

---------------------------------------

序でに他の出演者の感想メモ。青葉市子。最初のMCの後の歌、一瞬とても気持ちの良い声を出す。強めの高音辺りかな。"ここはマッチ箱の中 もうすぐにみな ばら色に燃え上がる~♪"とか歌ってた頃の湯川潮音みたい…と勝手に想像する。まぁその頃のシオーネは見たことはないのだけれど。EGO-WRAPPIN'AND THE GOSSIP OF JAXX はボーカルの中納さんが知人に似てるなーとか、どうでもいい事をずっと考えてた…。発する音を聴くと、きっと良いライブをする方達なんだろうと思うのだけど、会場のアウェイ感も相俟って不思議な空間だった…。
2011.10.25 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/721-d33d1095
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。