東京国際フォーラムCホールにて『a brand new concert issue "minima" Salyu×小林武史』。

幸運にも一次先行で当選しました(私じゃなく保険で申込んだ知人の分が)。しかも久し振りに10列以内という大変良い席でした。ありがたやありがたや。
…で、自分のブログを見返して確認したところ、私が最後に行ったSalyu名義のライブは昨年11月の横浜だったみたい。その間、丸一年。いやー、待ちわびたわ。

01:VALON-1
02:彗星
03:TOWER
04:name
05:HALFWAY
06:イナヅマ
07:飽和
08:飛べない翼
09:I BELIEVE
10:夜の海 遠い出会いに
11:コルテオ
12:to U
13:曲名不明(新曲)
14:曲名不明(新曲)
15:プラットホーム
16:Pop
E1:新しいYES
E2:青空
E3:Lighthouse(新曲)

全て終わった後に思ったのは、良いライブだったな…ということ。ここで何度も書いているけれど、私の好きなSalyuはコバタケ氏あってこそだな…と改めて思ったよ(それが良いか悪いかは別にして)。

…とはいえ、序盤はかなりダメでね。私の勝手な主観での話なんだけど、歌声に妙な違和感があって、折角の「01:VALON-1」が勿体ないと感じたぐらい。Salyuの声は"清濁併せ持つ"とか評されているのに、"清"しか感じられなかった。久し振りのSalyu名義ライブだからか、それとももう私の望むSalyuの歌声は聴けないのか…orz…と一瞬本気で心配したよ。まぁその違和感はコバタケ氏のグダグダ和みMC後の「05: HALFWAY」以降は感じられなかったので、結果的には良かったのだけど…(うーん、単に緊張していただけかね)。そう、「12:to U」で珍しいミスがあったけれど、あれも緊張の為せるわざかしらね。

今回は新曲を3曲披露。新曲達はどれも仲々良い手応え。今年の震災も影響しているのだろうけど、どの曲も軽さのない雰囲気で、なんだかコバタケ氏の本気を感じたわ。特に「13:曲名不明」「E3:Lighthouse」は最終的な仕上がりがとても楽しみ。やはり、コバタケ×Salyuという組み合わせが作る音楽は、私をワクワクさせてくれる。時にガッカリさせられたりもするけど、こういう特別な期待感はコバタケプロデュースならでは。そして、salyu×salyuの時に感じる"凄さ"と、salyu単体(現在のLily単体でもOK)で感じる"凄さ"は、完全に似て非なるものだ…と確信したよ。

来年2月にはシングル「Lighthouse」発売、3月からはツアーが始まるとのこと。漸く、本格的に"Salyu"としての活動を復活させてくれて本当に嬉しいわ。来年もSalyuの音楽でワクワクしたいものですなぁ…(。・ω・)ノ゙

------------------------

以下は不満を含んだどーでもいい話。
・会場で私の周囲にいた人限定かも知れないが…、今回の照明は最悪だった。阿呆みたいに客席にライト当て続けるし、派手な明滅を無意味に繰り返すし…。格好つけるのは勝手だけれど観客を不快にするなよ…。折角気持ち良く音楽を楽しんでいるのにさー(・A・)イクナイヨ!!
・youtubeでの生中継はとても良い試みだと思う。今回のようにチケットを取れずに泣いている人がいるような希少な公演は特に…。…とは思うのだけど、一方であれは会場にいる人には全くメリットのない試みだよね。対談とか付加価値つけるなら、せめて会場でも流せよ…と思わずにはいられない…('・ω・`)
2011.12.13 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/725-843043ad