上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
上野恩賜公園野外ステージにて『道との遭遇 ヒガシトーキョー音楽祭Vol.2』。

行かないつもりでしたが、(不思議な力が働いて)、行ってしまいました…。
野外とはいっても、天井もあり椅子もあり…ととても良い環境で音楽を楽しむことが出来ました。
時間が押し押しの割に、転換等は素早くて、途中も全然飽きなかったよーヽ( ´ー`)ノ寒かったけど…

01:新曲(雨上がり)
02:夜を歩く地図
03:海とかもめ
04:理由
------
OT:終りの季節(with 高野寛)

おー、なんと全部新曲(・∀・)!
たぶん01,03の曲は初めて聴いたと思う。「03:海とかもめ」は金子みすずの詩に曲をつけたものだって。暗めの曲が多い中で、明るい雰囲気が良い感じ(今回のアレンジだけかも知れないが)。「04:理由」は前回聴いた時は暗さが目立ったけど、結構哀愁あって聴く度に染み入りそうな曲。
そしてシオーネ自身の出番が終わり、次の高野寛さんのパートでデュエットを一曲。いやー、それがとてもとても良かったのですよ。細野晴臣氏の「終りの季節」。初夏の夕景に似合う、爽やかで穏やかなデュエットだったよ。本当に聞き惚れた。…ま、とかいって、シオーネ本人は茶目っ気たっぷりに大きな髭を付けて登場してましたがねー(ノ∀`)アチャー

シオーネパートのサポートはDr.鈴木惣一朗、Ba.伊賀航、Gt.安宅浩司、Eu.権藤知彦の各氏。鈴木惣一朗さんのドラムは実に5年振りだそう。バンド編成で聴くのは久し振りで、こういうスタイルはやはり音の拡がりがあって魅力的ですね(→弾き語りツアーの次は是非またこういうカタチも期待したい(・∀・)!)。

実は今回はJOYZとシオーネの"emerald city"での競演を期待していたのですが…、結局シオーネ抜きで歌ったよ…(どうせ歌うならシオーネ出てきてーと心の中で叫んだ)。でもJOYZ自体は思った以上に良かったし、高野寛や坂本美雨では懐かしい曲達も聴けて楽しかった。途中途中でシオーネも客席にきて音楽を聴いてたし、他の出演者もフツーにそこら辺を歩いていた。このフェスはそういうアットホームで気軽な雰囲気が前面に出ていて、とても魅力的だと思ったよ。

2012.05.14 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/743-2547a606
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。