上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
井の頭恩賜公園西園にて『三鷹の森フェスティバル2012』。

フリーだし中央線沿線だし…ってことで勇んで行ってみました。
台風迫る中で風が強かったけれど何とか最後まで天気はもったみたい。シオーネは小雨女なんですってよ。

01:しずくのカーテン
02:逆上がりの国
03:緑のアーチ
04:カントリーロード〜最後の列車
05:理由
06:ナウシカ・レクイエム〜君をのせて
07:ルビー
08:キャロル

今更纏められる気がしないので、感想等を簡単に箇条書き。
演奏開始前にリハーサル。二度美味しい。
生田緑地もだったけど冒頭に音の違和感があるのは演奏者のせいか会場のせいか。はてさて。
「緑のアーチ」は井の頭公園近辺に住んでいた時に作ったというエピソード。歌詞は何ができるのか?と少しアレンジ。
「最後の列車」はイベントに絡めた感じで歌詞を変えたり、カントリーロードを織り交ぜたりと愉快な演奏。
「理由」は自らまだ固まってない発言。曲に色々な想いを込めていて、だからこそ逡巡中なのかしらね。最終的にはどんな風になるのかな…。
「ナウシカ・レクイエム〜君をのせて」を聴いて、こういうのがあるから行けるライブは行くべきなのだ…と再認識。周囲の雑音に少々心乱されつつ最後はウットリ。これを聴けただけでも行った甲斐があった。仲々止まない拍手が出来の素晴らしさを物語る。
「ルビー」で終わると見せかけて、客席に大きく返事をした(子供の声に応えたみたい)かと思ったら「キャロル」が始まる。
演奏終了後は物販販売&サイン会。物販テーブルに並ぶ大勢の客に気づかずに遠くへ歩いていってしまうシオーネ。結局、警備員さんに物販の場所を尋ねて戻ってきましたよ。なんという、うっかりやさん。

小耳に挟んだ話では制作活動に入るため年内のライブはこれで終了とのこと。毎年クリスマスはシオーネで…みたいな感覚があったから少々残念。うむー、しかし、一体どんなアルバムに仕上がるのかしら。新曲は色々聴いているけれど想像がつかないものだね。まぁ、果報は寝て待とう。

サポートメンバーメモ。
"WATARIDORI"のS.Dr&Mand:鈴木惣一朗、Ba:伊賀航、Gt:安宅浩司の各氏。
2012.09.30 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/759-4ab4c0a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。