上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
下北沢・富士見丘教会にて『湯川潮音 Tada,Ima コンサートvol.3』。

花冷え曇天の富士見教会。
開場を待っている間はとても寒かったけれど、庭に舞い散る桜は綺麗で少々癒された…。

01:緑のアーチ
02:エデンの園
03:長い冬
04:逆上がりの国
05:羽のように軽く
06:朝が終わる前の花
07:新曲(曲名不明:とらわれた歌)
08:ニューヨーク
09:ラストシーン(新曲)
10:その日わたしは
11:3:15
12:誰も邪魔をしない
13:どうかあしたは
14:60年後の灯台守
15:ルビー
E1:You've Got to Hide Your Love Away(The Beatles)
E2:新曲(曲名不明:選挙の歌)
E3:キルト

以上セットリスト。たぶん18曲。曲数が徐々に増えるタダイマコンサート。
後半に向かって上り調子になるのは最近の傾向か。前半から飛ばしてくれても…と思いつつ、終わり良ければ全て良しになるからまぁいいか。

「04:逆上がりの国」はサポートの二人と10年前に演奏したらしく今日は10年経たバージョンとして演奏。「05:羽のように軽く」「10:その日わたしは」はスーッと身体に入り込み響いてくるので好きな曲。「09:ラストシーン」はたぶん初披露の曲で映画のシーンを切り取ったような歌詞達。久し振りの演奏となった「13:どうかあしたは」に個人的に驚きつつ懐かしく感じる。漸くクレシェンドの曲も少しずつ解禁していくのかな。そろそろ「ここから見る丘」とかを聴きたい。「悲しみをぶっ飛ばせ」という名前で紹介した「E1:You've Got to Hide Your Love Away」は失恋なんて気にすんなソングかー。張りのある歌声が普段とはまた一味違う。

MCは前回に比べると少なめ。Tada,Imaコンサートの意味は、旅からのただいまと、いま感じたことを音にすることが自分にとって大切で続けていくべきことだと思っている(というニュアンスの話)…の二つの意味を掛けて付けたとのこと。このシリーズは今後も続けて行くから来られる時に来て下さいと言ってました。確か。
歌っている最中にこちらがハッとするほど優しく穏やかな表情をするシオーネ。今まで演奏中は浮世離れした感のあった彼女が、客席を見つめながら歌うのを見ると、歌い手としてまた変化しているのだなーと勝手に思う。

サポートは、Vc:徳澤青弦氏、Pf&Acc:藤原マヒト氏。開場待ちの時間はリハーサルをやっていたようなのだけど、フツーに屋外に出てきたりと自由な感じのお二方。楽器といえば、今回はシオーネの足下にはドラムがあり、ピアノ、オルゴール、アゴーゴー(みたいな打楽器)、iPhone…等を操りながらの多彩な演奏でした。

2013.03.30 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/778-7d3464ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。