上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
渋谷B.Y.Gにて『東京うたの日コンサート 遠藤賢司×湯川潮音』。

01:しずくのカーテン
02:エデンの園
03:ニューヨーク
04:その日わたしは
05:ミルク・ティー(by 遠藤賢司)
06:新曲(曲名不明:とらわれた歌)
07:深夜高速
08:キルト
EK:やっと君が僕のことを(with 遠藤賢司)
EC:裸の王様(with 遠藤賢司)

珍しくシオーネから半端ないボリューム感(音を始めとした様々な量感)を感じたライブだった。

レコーディング中だからか新曲「03:ニューヨーク」「04:その日わたしは」の完成度が増していた。「06:ミルク・ティー」はエンケン氏の曲をピアノ弾き語り。驚くほどのピアノの上達っぷり。そして本人も良かったよねと満足発言する素晴らしい出来。久し振りの「07:深夜高速」、以前は自分の言葉が見つからなくて自分の言葉の代替にこの曲を歌っていた印象だったけど、今日は全然違うように見えた。以前の悲壮感や切迫感はないけれど、これはこれで素敵な深夜高速。「09:キルト」は締めに相応しい、昔から栄える曲ではあったけど最近は殊更いい。こういう昇華系の曲が締めにあると強いと思う。アンコールはエンケン氏と共に「EC:裸の王様」、今日はこれを聴きにきた(・∀・)! この曲がなければ私はここまで湯川潮音という歌手に惹かれていなかった。なので、あの場でこの曲を聴けたことに、ただただ感激。

MCは結構多め。緊張しておにぎりも喉を通らないとか、エンケン氏とのエピソードとして…、還暦には髭クリーム泡立て器を貰うとか、不調で悩んでいた時に"ここで辞めたら残念だねだけで終わるよ"と言われて奮起したとか、家のピアノで弾いた曲を聴いて感動したとか、幼い頃魔法使いだと思っていてチョコを拒絶したとか、話を聞きながら岡本太郎みたい…とか、まぁ色々と。

サポートは、Vc:徳澤青弦氏、Pf&Acc:藤原マヒト氏のお二方。新アルバムはこのお二人と一緒に製作中とのこと。どおりで三人のハーモニーに円熟味が増しているはずだ。…それにしても、誰もが渡り鳥達は彼方へ飛び立ってしまったのかしら…と思ったはず。

…ということで、今の湯川潮音はとても良い。もっと大勢の人が彼女のライブを聴きにくればいいのになー。

2013.06.27 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/789-2d0c91bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。