上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
『第一回花の街ふかや映画祭』に行ってみました。
いや、あの、原田美枝子さんがゲストで、彼女をナマで見られる機会なんて滅多にないので…。そんでトークショーは人選ミスの気配を醸しながら、原田さんが懸命に話を繰り出そうとする姿勢に好感を持ちました。見た目は黒スーツでまだ伊川刑事な感じ。緊張してるのか手振りを多く交えつつ、デビューの経緯、当時の極貧な映画製作の様子、俳優としての在り方(代弁者である事)、深谷の印象、街づくりへの提案…なんかを柔らかな声で語っておりました。個人的には深谷市長と更に掘り下げた話を聞きたかったですが。でも、その場での役割をしっかり捉えて、不足分は補うくらいの気の配りが出来る素敵な方だな…という印象でした。

その後、家城巳代治監督の『恋は緑の風の中』を上映。
原田さんのデビュー作でロケ地が深谷ってコトでの上映ですが、もう腹抱えて笑いました。コメディではないけど、中学生の淡い恋心を性問題を絡めてコミカルに描いた作品で、30年前の作品だけに時代の温度差がスゴク楽しいです。会場和み捲り。つーか単純にパンチラとかが楽しかっただけかも知れない…。15歳の原田さんは無意味に脱いでたけど、抜群に美しかったです。若いっていいね…。あと終わり方が唐突で、モノ凄く斬新でした(観客呆気に取られてました)。いやぁ、監督の意図する所が掴み難い映画でしたね。
2004.10.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/81-29026961
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。