タワーレコード新宿店にて『湯川潮音”濡れない音符”発売記念ミニライブ&サイン会』。

結局こっちも行くことになりました。
少し早めに着いたら、既にリハーサル中(それを狙って行ったのだけど)。
なんと今日のサポートはマイカさんだった! ヤッター!…と一人心の中で喜ぶ。

01:りゆう
02:ニューヨーク
03:羽のように軽く
04:光の中の家
05:裸の王様
06:The first Noel

こんな感じの6曲。いや、ノエルはおまけか。
「02:ニューヨーク」は全編シオーネ自身がピアノ伴奏。この曲ではこういう歌い方は初めてかも(私が聴いた中で)。「03:羽のように軽く」までは音響のせいか少々聴きづらかったのが残念、…でもこの曲は良い曲。家の立ち退きに絡めマイナーコードで歌うと話をしてからの「04:光の中の家」は元祖アレンジでの演奏が懐かしい。…と思ってたら、途中で歌が止まりましたよ。本人曰く歌詞を忘れたわけでなく時が止まっただけとのこと。新宿タワレコは前回も歌詞忘れてなかったっけ?(鬼門?)。で、ラストは10周年に絡めてデビュー曲の一つ「05:裸の王様」、演奏すると思ってなかったのでやや吃驚したけどしっとりした良い演奏。「06:The first Noel」はクリスマスアルバムの紹介で軽く歌ったのだけど、これが本当に美しくて、クリスマスアルバムへの期待が俄然高まった。

冒頭にも書いたけど、本日のサポートはbaobabの松本舞花さん(Vn)。彼女の寄り添い度には毎度ながら感動する。シオーネの歌を壊さないようにさり気なく且つ効果的にヴァイオリンでサポートする。一緒に演奏する人はさぞかし気持ちがいいだろうな…と思わせるような演奏。シオーネが曲作りに詰まった時に大分へ彼女を訪ねたそう。楽器工房でセッションしたり夜はのんだりして気分転換したとのこと。楽しそう。で、baobabのライブに行きたいなーと思って調べたら、既にツアーで東京に来たばっかりとは…。がーんがーん。

今日のインストアライブはサイン会付き。
最後の方でのんびりと…と思っていたら、意外と早く順番が来てしまった。なので、次のライブも楽しみにしてますよ…と軽くお伝えしてみました。ああ、緊張する間もなかったけど、握手する間もなかったわ。だから早めはイヤなのだ。まぁ気持ちを伝える場があるのは嬉しいことですが…。
2013.12.01 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/814-a82bf337