上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
中野サンプラザにて『Salyu 10th Anniversary Concert “ariga10”』。

遂にSalyuも10周年。おめでたい。

01:be there
02:彗星
03:イナズマ
04:Tower
05:Dialogue
06:悲しみを越えていく色
07:HALFWAY
08:青空
09:name
10:再生
IN:Instrumental
11:体温
12:Dramatic Irony
13:landmark
14:夜の海遠い出会いに
15:I BELIEVE
16:ライン
17:コルテオ~行列~
18:VALON-1
19:新しいYES
20:アイニユケル
21:to U
E1:LIFE
E2:風に乗る船

普段は忘れがちだけど、Salyuは良い曲を一杯持ってるよね。
10周年に相応しいほぼオールスターなセットリスト。普段のライブでもこういう一軍曲を前面に出せば満足度も上がるだろうに、Salyu側は曲を固定するのは嫌いなのかね。個人的には「be there」「I BELIEVE」辺りを外して「Peaty」「My Memory」でも入れれば完璧になるのに…なんてね。

01-03は肩慣らしぽかったけど「04:Tower」で一気に懐かしくなる。滅多に演奏しない希少曲「05:Dialogue」は無難にこなし、ライブで安定している「06:悲しみを越えていく色」「07:HALFWAY」でステージを締め、「10:再生」でオタ心をギュッと引き寄せる。その後休憩的にInst.で衣装替え。再登場後「11:体温」で穏やかに空気を温める。ふわふわ。「12:Dramatic Irony」「13:landmark」で1stアルバムの指標的曲を二連発。そしてライブ映えする「14:夜の海遠い出会いに」で圧倒的な歌声を見せつけ、「18:VALON-1」で原点回帰。「19:新しいYES」「20:アイニユケル」で次に向かう雰囲気を作り出し、最後は空気的な定番曲「21:to U」をコバタケ氏と二人でしっとり。アンコールはSalyu曲の中でも最も乗りのいい2曲「E1:LIFE」「E2:風に乗る船」で最後は客席もオールスタンディング。風に乗る~で歌詞飛んでたけど、会場全体が楽しそうなので問題なし。

MCは少なめ。10年活動を続けられたのは、コバタケ氏を始めとして周りの人や応援してくれた人がいたから…という感じで感謝の言葉を。最後のMCではコバタケ氏が、Salyuは稀にみる才能を持つアーティスト、皆さんにお願いしたいことは一つだけ、末永く応援し続けてやって下さい…と父性溢れるコメント。
サポート陣は、Key:小林武史、Gt:名越由貴夫、Ba:キタダマキ、Dr:伊藤大地、Cho&Per:ヤマグチヒロコ、Manip:アダチレンの各氏。

ライブ終了後は話の流れでポスター配布列に並んでみた(酔った勢いで売りそうですが)。
終演後の購入でもポスター配布可ということで、結局500人位は並んでた模様。熱くて長くて遅い行列が進んだ先にSalyuがいて、本来はNGだったはずの握手もしてくれた。一人一人顔を見て、ガシッと掌を掴んでくれたよ(・∀・)イエーイ!!!。楽しいライブへのお礼のつもりで、ありがとうございました!と気合入れて言ったら、Salyuは( ゚д゚)ポカーン。…まぁそれはさておき、サイン書きと握手会お疲れさまー&ありがとう>Salyu。

…ということで、Salyu10周年の記念行事的ライブは終了。次の10年もその稀有な歌声で私を楽しませて下さい。

-----------------------------------------------------

以下、ネガティブ要素は隔離して書きましょう。

開場時に入場列が全然進まない。とある客の"開演迄に入れるんですか?"の問いに、無言になってしまう係員…。嗚呼、双方気の毒。その後入口を大幅増設して対応したが、整列していた客は入り乱れ、最終的には20分近く押して開演。全国中継するというのに有り得ない為体ではないか。

苦手なコーラス。事前にメンバー情報があったので期待値を低くしたのが功を奏したのか、幾つかの曲は効果的だとさえ思う部分もあった…。とはいえ、Salyuの歌声にコーラスが被る度、相変わらず勿体ないことするなーと肩を落とし、現実に引き戻されたのも事実。Salyuの歌声を希求する客の期待(私だけかも知れないが)をどうして易々と裏切るのか…とバンマスのコバタケ氏に問い掛けたい。※毎度ながら念のため書くけど私はヒロコの歌声が悪いとか嫌いなんて言ってません。

アンコールの拍手の少なさに愕然。DVD出たら買うかも!とか勢い込んで話すくらいなら拍手しろよ…と隣席の客に心の中で突っ込んだ。いや、本当に、アンコールを求める気がない(拍手する気がない)ならとっとと帰ればいいのに…。

前半はややバンド音が少々煩く感じた。またSalyuの歌声自体も万全といった感じではなかった気が…(最近の万全があれだというなら万全なのかも知れないが)。だけど、Salyuの真骨頂ともいえる歌声のパワーに圧倒されたし、正に歌声で押し切った感じ。

2014.02.28 Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/822-8f0f0b68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。