Zepp DiverCity Tokyoにて『フジファブリック2マンツアー"フジフレンドパーク2014" ゲスト: Salyu 』。

一部でチケットが投げ売りされていたので行ってみました。

01:landmark
02:アイアム
03:エロティック
04:体温
05:夜の海遠い出会いに
06:Dramatic Irony
07:エーテル
08:回復する傷
E1:風に乗る船(with フジファブリック)

1/3がリリイ曲という、一部のSalyuファンしか喜ばないようなマニアックなセットリスト。
ツーマンライブだというのに、この取っ付きにくさは何なのだろうね。

minimaツアーとは違い、バンドに背を押されるようにロック感ある力強い歌声のSalyu。
しかし幾ら懐かしのサポートメンバーが揃ったからって、「01:landmark」から「02:アイアム」が続くとは予想外。"アイアム"なんて中野リリイ以来だって(このブログ情報)。へー。03-06の3曲は前ツアーでも演奏したけど、バンドアレンジのせいか当然ながら印象が違う。なぜか数年前のSalyuを思い出す。"Dramatic Irony"終了後、Salyuがコバタケ氏の側へ行き何やらやり取りがあって少し中断。ゼスチャーで×を作ったりしてたようだけど、もしかしたら曲を減らしたのかね(真相分からず)。そのあと最後の一曲ですと言って演奏したのは、なんと「07:エーテル」だった(・∀・)ノウラー!。新生リリイの小林×名越×Salyuがいるとはいえ、これこそ本日最大のサプライズ。リリイ名義のせいか全然演奏してくれないけど、この曲も本当に名曲。重厚感ある演奏に圧倒されながら、ひっそりと大感激した。そして、エーテルを最後と言ったのに、しれっと演奏される「08:回復する傷」。NHKホールに引き続きの安定感。ZeppTokyo(D)に響き渡る美しい歌声を堪能。「E1:風に乗る船」はフジ山内君がカバーしようと思っても歌えなかったからSalyuに…といってフジファブリックの演奏で。ステージ上の演奏者も客席の観客も夫々みんな楽しそう。

本日のサポート陣は、Gt.名越由紀夫、Dr.あらきゆうこ、Ba.北田万紀、Key.小林武史の各氏。
Salyuの初期ツアーの頃にサポートしていたメンバーが勢揃い。今日のセットリストはこの面子だからこそ成立したのだと思うと何とも有り難い。しかし、そもそも、もうリリイとかSalyuとかの区切りを意識せずに、名曲はガンガン演奏していけばいいのにね。なぜだか埋もれてしまっている名曲はまだまだあるでしょうに(とかいって演って欲しくない曲も幾つかありますが)。

…ということで、行くのを迷っていたライブだったけど、結果、行って良かった(・∀・)ダイバーシティ!の話でした。

2014.06.29 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/832-497a36df